Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

理科

ヒソカの死因は本当に「酸欠による窒息」か??少し考えてみた。

最近はあまり漫画を読まなくなってきているのですが, それでも今でも買い続けている本の1つが『HUNTER×HUNTER』。 最新刊の34巻の最も熱いシーンといえば, 幻影旅団団長クロロとヒソカのデスマッチ。 そしてヒソカは敗北。(もちろんタダでは死なないけど…

読売新聞「理科実験で体調不良続発、教員の知識不足指摘も」に対する批判と危惧。

こんにちは,uru(@uru_)です。 今回は2017年6月15日読売新聞の記事である 「理科実験で体調不良続発、教員の知識不足指摘も」に対しての批判と危惧を 個人的見解としてご紹介します。 少々長いですが,これはとても無視できない問題だと考えました。

【備忘録】次期中学校学習指導要領改訂案の理科を読んだ第一印象。

年度末は忙しいですね〜(言い訳 2017年2月14日から学習指導要領のパブリック・コメントが実施された*1。 若干日を空けてしまったけれど, 次期小学校学習指導要領改訂案の理科を読んだ第一印象について前回述べた。 今回は中学校編である。 小学校と同様に…

【備忘録】次期小学校学習指導要領改訂案の理科を読んだ第一印象。

2017年2月14日から学習指導要領のパブリック・コメントが実施された*1。 それに伴い,幼稚園教育要領と小学校学習指導要領,中学校学習指導要領の 改訂案が初めて公開され,注目されている。 詳細については2017年3月公布予定の正式版を見てみないと分からな…

日本科学未来館のリニューアル後の常設展「未来逆算思考」の面白さに感銘!

師走というのは本当に時間の経過が早い。 ブログの更新もそりゃ滞りもするよ。 いや,ただの言い訳なんですけどね,これ。 そんな忙しい時期にも,どうしてもやっておきたいこともあった。 例えば,先日野暮用で東京に行った時, ちょっと遠回りをして日本未…

【1ヶ月前対策】センター生物基礎&生物は過去問演習の不足を駿台の実践問題集で補って実践力を身につけよう!

今年もセンター試験1ヶ月前になろうとしている。 すでにセンター試験に向けて各科目の対策に励んでいる人は多いだろうし, プレテストや直前パック等で実践力を磨いている人もいるだろう。 しかし,それでももしかするとセンター生物基礎&生物は 過去問の少…

【ギモン】Amazonで買える遺伝子分析キットの中には何が入っているのか?

最近ニュースでも「遺伝子」や「ゲノム編集」という言葉を 頻繁に耳にするようになってきた。 (一応)生物の教員である私も最新ニュースに関心があり, このブログでもこれまで「ゲノム編集」について書籍などは紹介してきた。 一方,近年大変身近になりつ…

血液検査の白血球数(WBC)とヘマトクリット(Ht)は体調管理のバロメーター。

しばらくブログの更新が滞ってしまった。 というのも,1週間ほど激しく体調を崩してしまい 仕事もままならない状態だったため。 今年はマイコプラズマ肺炎にもかかったりと とにかく体調不良に振り回されっぱなしである。 (そんなに不摂生しているつもりは…

センター生物基礎&生物の受験利用をオススメできない3つの理由。

11月に入り,文系もさすがに理科のセンター試験対策を 本腰で行う時期となってきた。 以前このブログでは,特に文系の人向けの 勉強方法とオススメ問題集について紹介してきた。 そんな生物専門の理科教員である自分が言うのもなんだが 学習指導要領改訂後の…

【書評】『ゲノム編集の衝撃』と『ゲノム編集とは何か』を読み比べて分かった科学技術に対する異なる視点。

先日『ゲノム編集とは何か』(以下『何か』)という本について書評を書いた。 とはいえ「ゲノム編集」というのはまだ一般的に市民権を得た技術ではない。 一応私は高等学校の理科教員なので, 新しい情報に関しては似たような本も一通り読むように心がけてい…

高校生物は「進化」が分かると本当はおもしろい!(ビタミンCを例に)

2016年に高等学校の「生物」をすべて教える機会に恵まれた。 初めて教科書を見たときには,相当難しくなった,というのが第一印象だった。 特に顕著だったのは遺伝に関する内容。 メンデルの法則は脚注に追いやられ,その代わり全面的に前に出てきたのは 分…

高校生でも読める!『ゲノム編集とは何か』が示す,生物の教科書の先にある未来。これは必読!

ゲノム編集に関する話題はニュースでも取り上げられることが増えており 以前から大変興味のあった研究領域。 その中でも今日紹介する『ゲノム編集とは何か』は 高校生物レベルの内容が一通り分かっていればかなり素直に読めるだけでなく この研究分野の先に…

熊本の中学校で起きた理科実験のフラスコ破裂事故。原因は本当に塩酸濃度の高さだけか?

理科の授業で観察・実験をうまーく授業の文脈に取り入れることで その状況に応じて深い学ぶが得られると思う。 ただし,それは観察・実験の安全性が担保されている場合の話だ。 残念ながら,理科の観察・実験における事故というのは毎年後を絶たない。 以前…

理系がイラっとくる計量カップ。

写真の計量カップは我が家にあるものだ。 料理をするのに便利なのかもしれないが, 理系の私としては,この計量カップにイライラせずにはいられない。 ただしこの記事では 理系を数学・理科が得意な人くらいの意味で使うので 理系の定義については深くツッコ…

【理科教員も困惑】大阪府枚方市で起きた理科実験事故の原因は一体何なのか?

2016年9月9日,大阪府枚方市の中学校第2学年理科の実験中に事故が起き 気分不良を訴えた生徒計8名が救急車に搬送されたというニュースが報道された。 症状は軽いようだが,関係者の早い回復をお祈り申し上げたい。 しかしこの事故,とても謎が多い。 気分不…

【文系必見】センター生物基礎or生物を秋から頑張って8割目指す勉強法とオススメ問題集。

秋になると高校3年生の目がマジになったり,あるいはうつろになったりする。 今年の大学受験も架橋に迫ってきたなぁと感じる時期である。 特に文系ともなると秋になるとさすがに理科のことが気になりだす頃である。 というわけで,今回は文系の人がセンター…

【保護者必見】「良い理科の自由研究」に関する3つの共通点はぜひ保護者が知っておきたい新常識。

もうすぐ夏休み。夏休みというと子どもたちにとって悩ましいのは宿題。 その中でも理科の自由研究と国語の読書感想文は 子どもだけでなく保護者も頭が痛い課題だろう。 できることなら早めに取り取り掛かり,確実に終わらせたいというのが 本音だろう。 そし…

【これはひどい】ポストに水素風呂のチラシが入っていたので,そのニセ科学っぷりにツッコミを入れてみた。

理科教員やってる私の家にも,たまにこういう水素風呂のチラシが入ってくる。 たった一枚入っているだけで,30分くらい笑いこけるくらいバカバカしいのだが 一方でこのような似非科学に引っかかり損をしている人がいるのも事実。 これは紛れもなく社会的に大…

高校理科室のナトリウム爆発事故に関する報道に謎が多すぎる件。

朝日新聞が2016年6月23日に報じたナトリウム爆発事故。 その新聞の内容には不可解な点が多く,理解に困っているというのが今日の話。 報道によれば, 23日神奈川県の高校で男子教諭(61) が ナトリウムを保存する際に爆発したとのこと。 生徒はこの事故につ…