読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

分割設定がないプリンタでもポスター印刷を可能にする方法。


そう滅多にあることではないが,

ある日突然大きなポスターを作る必要が出ることがある。

無論,大型印刷ができるプリンターなどない。

そんな時思いつく別の解決方法として,いわゆる「ポスター印刷」というのがある。

例えばA4紙のデータをA2に拡大したければ,

4×4にする「分割設定」ができれば,あとはのりで貼ってつなげれば良い。

 

ところが,このポスター印刷の設定は

通常プリンタのプロパティから選択する機能であり,PC側では設定できない。

環境にもよるが,身近にあるプリンタがポスター印刷できない場合もあるだろうし,

たとえできたとしても設定の仕方がわからない場合があるだろう。

まさに私も同じ罠にひっかかってしまったとき,

Adobe Readerで解決する方法を見つけた。

今日はこれを備忘録として残しておく。

 

なお,PC環境はMacで話を進めるが,

基本的にはWindowsでも同じことができるので参照されたし。

 

Adobe Readerによるポスター印刷を知る。

この方法を使うにあたり,まずはAdobe Readerを

PCにインストールしておく必要がある。

参照:Adobe Acrobat Reader DC インストール (すべてのバージョン)

 

とは言っても,このAdobe Reader,昔こそよく使ったものの,

Macは「プレビュー」という標準アプリを使えばことが足りるし,

Windowsも10になってからは「Edge」を使っている人も多いはず。

すっかり使う機会が減ったAdobe Readerも

ポスター印刷では大いに力を発揮する。

 

まず,印刷したいデータをPDFで保存しておく。

Wordなどでデータを編集・作成している場合も,

「名前を付けて保存」からPDF形式を選択してエクスポートしておく。

 

次に,そのPDFファイルをAdobe Readerで開く。

Macの場合,次のような表示が出てくる。

そこで,メニューバーからプリントを選択する。

すると,プリンタの設定画面が出てくる。

中央の「ページサイズ処理」から「ポスター」を選択すればOK。

Adobe Readerの場合,分割の詳細は基本的に倍率の設定を変えることでしか

行えないらしい。

例えば図のように倍率を200%に設定すると

分割数が自動的に変更される。

普通,A4紙をA2へ拡大したい場合,コピー機なら200倍設定になるはず。

A2はA4紙4枚分と同じはずだが,倍率100倍の時すでに4分割になっている。

この辺りは実際に数値を入力しながら,どのように分割できるのか

プレビューを見ながら判断するしかないようである。

 

おわりに:不便だが,いざという時には役に立つ。

倍率設定がもう少し感覚的であれば嬉しいのだが,

それでもAdobe Readerがあれば,プリンタの設定を変えずとも

ポスター印刷ができる点は魅力がある。

いざという時には試してみてほしい。

 

こちらの記事もどうぞ