Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

はちみつ専門店「長坂養蜂場」に行ってみた。奥浜名湖行くなら立ち寄りたい観光スポット。


f:id:uru3:20160731132122j:plain

 先日新しく買ったクルマの慣らし運転のために奥浜名湖へ行った。

そのとき立ち寄ったのがはちみつ専門店の長坂養蜂場(ながさかようほうじょう)。

 

私は行った後知ったのだが,

はちみつ好きの中では全国的にも有名な養蜂場なんだとか。

はちみつなんて大して詳しくない私が行っても結構楽しめたので

紹介したい。

 

"Bee Happy !"から始まるはちみつ尽くし!

まず出迎えてくれたのは,かわいいハチのキャラクターと

「Bee Happy !」という洒落の効かせた三角屋根の家。

f:id:uru3:20160731124023j:plain

行ったのは7月下旬の暑い季節で

店頭では柚スムージーが提供されていた。

f:id:uru3:20160731124026j:plain

はちみつ入りというのですごく甘いのかと思ったら

さっぱりした酸味で,喉越しもとても良かった。

暑い夏にはすごくいい。

f:id:uru3:20160731124027j:plain

スムージーを飲んだ後,店内へ。

中に入るとそこはとにかくはちみつづくし!

こんなにはちみつばかり並んでいる姿は生まれて初めて見た。

f:id:uru3:20160731132122j:plain

f:id:uru3:20160731124025j:plain

利きはちみつで味見!

これだけはちみつの種類が多いと,どのはちみつが美味しいのか気になるところ。

長坂養蜂場の面白いところは,

入り口入ってすぐのコーナーに「利きはちみつ」できる場が設けられており,

実際にはちみつを食べ比べできるところである。

f:id:uru3:20160731124028j:plain

コーナーのポップにおると

はちみつの味は「風味(あっさり←→強いクセ)」と

「味わい(まろやか←→濃厚)」で種類を分けられるらしい。

 

味わいは分かりやすく,甘さで区別できる。

そして濃厚になるほど,その粘性も強くなりドロッとした感じになる。

 

一方,風味ははちみつ独特の酸味?のようなものである。

 

味を言葉で説明するのはなかなか難しいが,

実際に味比べしてわかったことは,スーパーで売っているようなはちみつは

割と濃厚で強いクセがある方だということ。

長坂養蜂場で売られているあっさりでまろやかなはちみつは

そのまま飲めるんじゃないかというくらいサラサラしていて喉越しが良く

喉が焼けるような感じもしない甘さ。

はちみつが苦手な人でも,これは結構お勧めできる。

 

味比べできるこのコーナーでは他の商品も

クラッカーに付けて味見できる。

f:id:uru3:20160731124029j:plain

面白いのは,そのすぐ隣にはガラス越しにハチが観れるということ。

天候によってハチの活動も異なるが,

店員さんがハチの姿を取り出す姿は間近で見るとなかなか圧巻である。

f:id:uru3:20160731124030j:plain

夏休みということで,子供連れも多く

子供達がハチに見入っていたのは印象的である。 

個人的なお勧めは「二代目の蜂蜜」

さて,せっかく長坂養蜂場に行ったので,

味見したはちみつの中から1本気に入ったものを買ってきた。

 

それが「二代目の蜂蜜」

f:id:uru3:20160731124031j:plain

種類によって価格も異なるのだが,

二代目の蜂蜜は他のはちみつに比べて価格はリーズナブル。

写真のボトルタイプ(450g)が1340円。

パンに直接つけて食べてもクセがなく,あっさり食べられるので良い。

あとボトルタイプなのでスプーンを使う必要がないのがいい。

(見た目なら瓶のほうが可愛いんだけどね)

 

おわりに:奥浜名湖に行ったら寄ってみたいスポット!

事前に調べもせずに突然行ってしまったが,

はちみつ初心者でも十分楽しめるスポット。

またドライブした際には立ち寄りたい場所である。

 

季節限定商品もあるようなので

詳細は公式WEBサイトをご覧あれ!

参照