読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

長野の隠れた名店?善光寺西門の「和菓子 豆暦」のあんみつがシンプル イズ ベスト!!【長野の旅その2】


f:id:uru3:20160809113948j:plain

長野・善光寺を参拝した時の続きの話。

長野に行った前後の数日間,日中が気温37℃と,

殺しにかかってくるようなクソ暑い日が続いてた。

 

となると,やはり食べたくなるのが冷たい甘味!

 

そこで友人から紹介してもらったのが,今回紹介する「和菓子 豆暦」のあんみつ。

善光寺大門のメインストリートにはかき氷やアイスなど

氷菓ならたくさん売っているのだけれど,

メインストリートから少し外れた豆暦(まめこよみ)さんの和菓子は

隠れた名店だと思ったので紹介する。

 

善光寺西門にある,小さな和菓子のお店。

「和菓子 豆暦」さんは,善光寺につながるメインストリートから

西へひとつ離れた通りに位置する小さな和菓子店である。

存在を知らずに道を通ったら見逃してしまうかもしれない。

f:id:uru3:20160809113948j:plain

店内には季節の和菓子が販売されている。

大きく派手なお土産やさんとは異なり,地元の人向けのお店のようで,

和菓子もシンプルながらも1つ1つ丁寧に作られた繊細な細工が施されている。

詳細は最後にあるお店のFacebookページを参照してほしい。

シンプルで無駄のないあんみつ

友人に勧められて購入したのが「あんみつ」である。

写真の通り,プラスチックのパックに入った,何の変哲もないあんみつである。

f:id:uru3:20160809113949j:plain

店内に小さなベンチが置いてあり,

そこを利用して店内で食べさせてもらった。

 

あんみつの中には黒豆とつぶあん,あんこ,あんず,そして寒天が入っており,

非常にシンプルな作り。

黒糖のあんみつをかけて食べる。

 

たったそれだけなのに,すごく美味しい。

一切の無駄がない。甘すぎすさっぱりとした味と食感で主張しすぎない。

特にあんずとつぶあんがあんみつにパンチを与え,

寒天との相性がものすごく良かった。

f:id:uru3:20160809113950j:plain

店内が混み合っていなかったためか,

お店の方がサービスで抹茶もつけてくださった。

これがまたあんみつととても合う!

涼しいひと時を過ごすことができた。

f:id:uru3:20160809113951j:plain

 

おわりに:善光寺に行ったらぜひ寄りたい隠れたお店!

メインストリートのお土産だってもちろん良いが,

地元の方から愛される素朴なお店ほど,

旅行で立ち寄る楽しみ,ドキドキ感,嬉しさがより大きくなるというもの。

 

他の和菓子も食べてみたかったので

また長野に行くときには「和菓子 豆暦」さんには立ち寄りたい。

参照

和菓子 豆暦(Facebookページ)

続きもどうぞ

まとめ記事