読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

【開封の儀】念願のKindle Oasisを第2端末として購入。家族でKindle Unlimitedを共有して読書三昧!


f:id:uru3:20160815124144j:plain

2016年8月初旬にKindle Unlimitedが始まって約半月。

今までだったら買うのを躊躇っていたであろう

「読みたいけど買うほどじゃない」と思う本まで手が伸ばせるようになり,

自宅や旅行,ありとあらゆる場でKindleを読む機会が増えた。

正直読書がすごく楽しいです。

それを横で見ていた妻,ある日,

「私もKindle Unlimited登録して本を読みたい」と言い出した。

 

いやいや待て待て!!

読み放題のこのサービスを家族で共有しないのはもったいない。

 

あれこれ話し合った結果,それまで私が使っていた

Kindle Paperwhite(第7世代)を私のアカウントのまま妻に売って

私が新たにKindleを購入することにした。

妻からもらったお金に私のお金を足してKindle Oasisを購入した。

え,なぜそこで妻がKindle Paperwhiteを買ってアカウント共有しなかったかって?

 

私の方が圧倒的に読書量が多いから,

・・・というのは建前で,正直なところただの見栄

 

というわけで,早速Kindle Oasisを購入してみた。

 

Kindle Oasis 開封の儀!

注文したのはKindle Oasis のWi-Fiモデル(キャンペーンあり)である。

注文して翌日,Kindle Oasisが届いた(相変わらず早い!)。

f:id:uru3:20160815124134j:plain

なかから箱を出すと・・・

f:id:uru3:20160815124135j:plain

箱が二つに分裂した。

f:id:uru3:20160815124136j:plain

 

Kindle Oasis 付属カバー

まず左側の薄い箱を開いてみると,例の付属カバーが入っていた。

f:id:uru3:20160815124137j:plain

当初ブラックを考えていたのだが,在庫切れだったようなので

メルローを選択した。

どんな色かと思ったが,落ち着きのある赤色で思った以上に好みの色だった。

f:id:uru3:20160815124139j:plain

あと,説明書が2枚。多国語で書かれているので,内容も薄い。

f:id:uru3:20160815124138j:plain

なお,Kindle Oasisの付属カバーについてはレビューを見ると

色ではなく機能面で酷評が多い。

この点については別の記事で反論しようと思う。

 

Kindle Oasis 本体

さて,今度は厚い方の箱を開いてみる。こちらには本体が入っている。

f:id:uru3:20160815124140j:plain

本体を出すと,さらに説明書とmicro USBケーブル。

f:id:uru3:20160815124141j:plain

すでに多くのレビューがあるが,本当に薄い。

3.2mmの厚さはこれは実際に手にしてみると驚くレベルである。

(ただしバッテリー部分はもう少し厚い。こちらにも賛否両論あるだろう)

f:id:uru3:20160815124147j:plain

Paperwhiteの時もそうだったが,

Kindleは基本的に説明書の内容が非常に薄い。

それだけ操作が簡単だということでもあるが,最初は少し不安になるかもしれない。

 

だって,言葉すらないんだもの。

f:id:uru3:20160815124142j:plain

電源を入れると言語の選択が表示されるので日本語を選ぶ。

f:id:uru3:20160815124148j:plain

そのあと,アカウントによるログインとWi-Fi設定を行う。

しばらく待てば,すぐ使えるようになる。

f:id:uru3:20160815124149j:plain

f:id:uru3:20160815124150j:plain

 

おわりに:Kindle Oasisはまさに読書のオアシスだった。

妻のPaperwhiteと差別化を図るために購入したOasis。

しかし,購入するにあたってOasisの良いところ・悪いところを

検討しなかったわけではない。

端末35980円のコストパフォーマンスについては正直ビビっていた部分がある。

 

実際に使ってみると,Kindle Oasisはまさに「読書」という行為にのみ

徹底的にこだわった最高の端末,まさに読書のオアシスと言っていいだろう。

これについてはこちらの記事↓で詳しく紹介したので参照してほしい。 

Kindle Unlimitedを家族で使用したい場合,

ここで一歩踏み出してOasisを選んでみるというのも良いのではないだろうか。

こちらの記事もどうぞ