Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

名刺サイズのノート「jet-ace(ジェットエース)」はアイデアを取りこぼさない。


f:id:uru3:20160818175554j:plain

前回,MDノートA5方眼罫について紹介した。

特に万年筆での書き味が非常にスムーズでクセになるノートである。

けれど,A5ノートを常に持ち歩くことはさすがにできないし,正直手間だ。

このノートはスケジュールやアイデアを省察する際には大いに役に立つが,

創造的思考というのは,得てしてリラックスしている時にこそ降ってくる。

プライベートで手ぶらでブラブラしている時,トイレで踏ん張っている時,

チェンスは状況を選ばないのだ。

 

そんな時,土橋正さんの『モノが少ないと快適に働ける』を読んで,

ものすごく小さなノート「jet-ace(ジェットエース)」の存在を知った。

試しに買ってみたら,必要十分なミニマムノートだった。

これは結構いいかもしれない。

 

jet-ace(ジェットエース)はどこにでも持ち運べる。

スマートフォンよりも小さいノート。

ジェットエースは本当に小さい。

名刺サイズだが,あえて比較するならスマートフォンかなと私は思う。

こちらの方がきっと分かりやすい。

f:id:uru3:20160818175555j:plain

iPhone 6と比較すると,幅と厚さはほぼ同じ。

長さは見ての通りiPhoneの方が長い。

このサイズなので,胸ポケットにもすっぽり入るし

入れている時の違和感もほとんどない。

このサイズならバッグだろうと服だろうと,どこでもいいだろう。

 

小さいのに,機能性には無駄がない。

付属の鉛筆が付いていて,メモを書くときにスッと取れる。

手のひらに収まるサイズなので,下に机がなくてもそれなりに書ける。

f:id:uru3:20160818175556j:plain

鉛筆はノートにしまうことができ,紐が栞代わりになる。

f:id:uru3:20160818175557j:plain

このノートの重要性は,どこにでも持ち運べるということ。

大きさから言えば,お世辞にも書きやすいとは言えないが,

機能性のトレードオフとして携帯性を高めていることは見ての通りだ。 

 

ちなみに,サイズ的にはスマートフォンと同じなら

いっそメモアプリを使用したらどうか,という意見があるかもしれない。

 

確かにそれも一理あるのだが,

スマートフォンと分けておく利点は,電話しながらメモできるということに尽きる。

 

欲を言えば,ペンとカバーの改善はできそう。

どこでも気軽に持っていけるというのがこのノートの良さだが

少し改善して欲しいなぁと思うことがある。

 

一つは鉛筆。

ノートの大きさから考えると,筆圧はあまり加えられない。

したがって,筆圧のほとんどいらない万年筆か,

滑りがとてもよいジェットストリームのようなボールペンで

このサイズに合ったものがあったら即買いしたいレベルである。

 

もう一つはカバー。

写真を見て,思わず紺色を買ってしまったが,実はちょっと後悔している。

少しチープな感じがするのである。まだ黒の方が良かったかもしれない。

 

ただし,書くことについては正直いちゃもんつけるレベルではないので,

私の改善要望はやや贅沢な悩みなのかもしれない。

 

おわりに:ポケットに入れてアイデアを取りこぼさない。

紙がすぐ手元にある。

これは,時を待ってくれない突然の創造力に対する受け皿になるし,

突然のメモにも対応できる。

メモ帳ではなく,ノートになっているという点も

書いたものへのアクセスの良さを生むだろう。

 

良い買い物をしたと思う。

 

けれど,次回は黒色にしようと思う。