Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

【Kindle Unlimited開始1ヶ月レビュー】これまで購入対象外だった書籍による情報収集が活性化された!


f:id:uru3:20160815124146j:plain

2016年8月にAmazonの電子書籍読み放題サービスこと

Kindle Unlimitedが月額980円で始まった。

当初,1ヶ月の無料体験があった。

その間にスタート時12万冊と言われたアンリミ本が減少したり

今後サービスの継続が危ぶまれたりと色々なニュースが流れているが,

私は解約手続きはせずに,継続してKindle Unlimitedを利用している。

 

980円という価格をどう捉えるか,そこは個々人の裁量ではあるが,

私の場合は,これまでの読書活動とは少し異なり

Kindle Unlimitedにによって情報収集が活性化されたことをメリットに感じている。

今回はそんな私のKindle Unlimited活用方法を紹介しようと思う。

 

最も受動的に利用するのは,意外にも「雑誌」

私なりのKindle Unlimited活用方法はメインとサブの2種類存在する。

メインは私が受動的に読みに行く場合であり

サブは,読みたい本を能動的に探し,偶然Kindle Unlimitedにあった場合である。

 

受動的に利用する場合の書籍は「雑誌」である。

これまで雑誌なんて滅多に買わなかったので

ここに落ち着いたのは私自身が正直驚いている。

 

当初,Kindle Unlimitedでは積極的に文芸書やビジネス書を読もうと思っていたが,

利用し始めて知ったのは,意外と最新の雑誌も

多く取り揃えているということだった。

『Mac Fan』や『GetNavi』『MONOQLO』など

ガシェットや家電系はもともと好きなので最新情報を読めるのが面白かったが

スポーツやフィットネスを扱う『Tazan』なども興味深く,

これまで積極的には集めていなかった情報もインプットするようになった。

f:id:uru3:20160904212213j:plain

これまで雑誌といえば,美容院に行った時読むものになっていた。

積極的には読まないし,買わない。

偶然目の前にあって,少しの暇があれば目を通す。そんな存在だ。

雑誌だけでも単体で買えば980円を軽く超えることを考えれば

それだけでも十分満足できるものだし,

何より雑誌は時期モノなので,所有欲もほとんど湧いていこないので

読み終わったら削除しても何の後腐れもないのが良い。

 

ちょっと気になった本がKindle Unlimitedがあればアタリ。

雑誌が受動的なKindle Unlimitedの利用方法だとすれば,

サブ的な利用方法はどちらかといえば能動的な利用方法だ。

 

例えば別の本を読んでいたとき,

ふと紹介されたタイトルがあったときは,まずAmazonで検索してみる。

そして,偶然タイトルがKindle Unlimitedの対象であれば

読む/読まないはともかく,まずはダウンロードする癖がついた。

 

紹介された本だからといっても,それがいつも読みたい本とは限らない。

一応探すにしても,おそらくこのタイプの本も単体で即決購入することは少ない。

Kindle Unlimitedはそういうとき,本を読むハードルを下げてくれる。

 

対象本が何万冊あろうと,読書する時間は相変わらず限られている。

このように,自ら検索してそれがKindle Unlimited本だったら読むというのは,

一見当たり前な使い方のような気もするが,

実際にはユーザーによっては当たり前でもないのかもしれない。

これはKindle Unlimitedを「何のために利用するか?」によって異なる。

 

私は,あくまで情報収集あるいは教養目的で読書をする。

別に趣味でも娯楽でもない。

本を読むことそれ自体が目的であれば,

おそらく初めから「Kindle Unlimited読み放題の中」から

サイトを巡回するか,検索をかけるかして読みたい本を探すのだろう。

このような利用の場合,Kindle Unlimitedの冊数がいくつかというのは

このサービスを利用する上で重要な要素となってくるはずだ。

 

一方,私の場合は「Amazonの中から」本を探す。

その本が偶然Kindle Unlimited対象本ならアタリ,という感じ。

別にKindle Unlimitedの本を読み漁ろうという気をはじめからもっていないのである。

例外は,雑誌だけである。

 

Kindle Unlimitedといえども,

だらだら本を読んでいてば,それは時間の浪費となる。

本を何万冊から選べるといっても,私たちのもつ読書の時間はそう変わらない。

限られているのである。

 

ならば,Kindle Unlimitedを積極的に読んで元を取ろうとするのは無駄でしかない。

 

1ヶ月利用してみた私の感想はコレである。

だから,Kindle Unlimitedは「偶然」に頼って利用する方法に落ち着いた。

偶然出たばかりの雑誌,そして読みたい本が偶然Kindle Unlimitedにあったとき。

受動/能動に違いこそあれ,

私は雑誌を除いてはKindle Unlimitedを積極的に読もうとしていない。

けれど十分情報収集が活性化されていると思うので

月々980円を高いとは思わない。

 

おわりに:けれど今後のサービス維持は気になるところ。

余談ではあるが,私は家族とともにこのサービスを使っているので

その点は有利にこのサービスを利用できていると思う。

 

ただ,冒頭にも書いたように

対象本が減少したりしていることも一方であるので

Kindle Unlimitedがいつまでサービスとして続くのかは

やや気になる点ではある。

 

Kindle Unlimitedは購入するかレンタルしかなかった読書体験に

新たな選択肢を加えたというところが画期的だと思う。

だからこそ,長く続いてもらえればいいのになぁと切に願う。

 

こちらの記事もどうぞ