読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

コムギコキッチンの「ダイダラボッチぷりん」なる巨大プリンをいただきました。


f:id:uru3:20160912214605j:plain

先日,マイコプラズマ肺炎になりまして,だいぶ苦しい思いをした。

そしたら妻が気を利かせてくれたのか

やたらデカいプリンを買ってきてくれた。

それが,静岡県浜松市にある「コムギコキッチン」の「ダイダラボッチぷりん」。

 

とにかくデカい!地元の牛乳「いなさ牛乳」をつかった巨大プリン。

妻が買ってきてくれた巨大プリン「ダイダラボッチぷりん」の

パッケージはこちら。

f:id:uru3:20160912214602j:plain

パッケージの上には妙に可愛いキャラクターと

「浜松商工会議所ブランド認定品」のシールが(でもコレ余計じゃないか?)。

f:id:uru3:20160912214603j:plain

写真だとその大きさが分かりにくいので

普通サイズのプリンと比較してみた。

f:id:uru3:20160912214604j:plain

手に持ってみるとこんな感じ。

ビンが丸ごと手のひらに収まるサイズ。

f:id:uru3:20160912214607j:plain

中のプリンは固めの生地でしっかりした感じ。

f:id:uru3:20160912214608j:plain

ビンの底には大量のカラメルがある。

f:id:uru3:20160912214606j:plain

実際にスプーンですくってみると

かなり硬さがしっかりしていて弾力がある。

牛乳の味がしっかりしていてさっぱりしているのが特徴。

f:id:uru3:20160912214609j:plain

量が量なので,甘さに飽きて食べられなくなると思ったが

さっぱりした味わいなので,食べていて飽きがこないのが意外だった。

 

おわりに:1度は食べても損なし!でも2度目は小さい方のプリンがオススメ。

「ダイダラボッチぷりん」はさっぱりした牛乳風味で食べ応えがあるので,

一度は食べてみても面白いと思う。

 

けれど,実は今回別の発見もあった。

それは,単に大きさ比較のつもりで妻が買ってきた小さい方のプリン

「コムギコキッチンぷりん」の方が,実はもっとおいしかったこと。

f:id:uru3:20160912214604j:plain

コムギコキッチンぷりんはダイダラボッチぷりんとは対照的に

とろみのある濃厚な生地でできている。

大勢で食べるなら「ダイダラボッチぷりん」で盛り上がるだろうけど

少量で贅沢を楽しむなら「コムギコキッチンぷりん」の方がおすすめである。