Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

忘れた頃に還元。ETCマイレージサービスに登録しておくとドライバーは静かにトクをする。


f:id:uru3:20160922161527j:plain

私たちは新しいiPhoneの新規購入や旅行など

単発かつ高額な費用については非常に気にしてしまうのに,

日常的に繰り返しかかるモノのコスト感覚は意外と曖昧であることが多いし,

単発的ではないが,回数の決して多くないものはなおさらである。

 

例えば,高速道路の料金。

仕事で日常的に使うなら別だが,たまの休日に使うぐらいなら

ETCで休日割引も聞いてそれで良しにしてしまう人もいるに違いない。

 

が!

ETCマイレージサービスに登録しておけば,走った分だけ

さらに還元が受けられる。

 

ETCが普及した今でも,未だETCマイレージの認知度は高くない。

そこで今回はETCマイレージサービスについて少し紹介しようと思う。

 

忘れた頃にメール通知!そしてポイント還元が受けられるETCマイレージ。

この記事を書いたのは2016年9月22日。

ETCマイレージサービスについて書こうと思ったきっかけは

登録時に設定しておいた「お知らせメール」にある。

毎月20日ごろになるとETCマイレージサービスから,

ポイント残高のお知らせが届くのである。

 

f:id:uru3:20160922161529j:plain

この時ふと思い出したのが先月8月のこと。

静岡ー長野を往復して高速道路を使ったので

もしかするとポイント溜まっているかも,と思ったのである。


そこで,メールのリンク先から公式サイトを開いてみることに。

f:id:uru3:20160922161528j:plain


登録に必要な情報は,基本的な個人情報の他に,

ETCカード番号、ETC車載器管理番号、車のナンバーなど。

新規登録すればすぐにサービスを利用できるわけではなく,

後日郵送で送られてくるマイレージIDとパスワードが必要になる。

事前の準備が肝心,というわけだ。

 

さて,さっそくログインしてみたところ

NEXCOを利用したポイント1231ポイントが追加されていた。

このETCマイレージは基本的に最大2年間有効。

ポイントの有効期限は年度末に当たる3月末で区切られている。

 

さらにETCマイレージは利用した高速道路の事業者やその距離によって

還元率が異なる。簡単に言えば,乗った量だけ還元率も上がる。

私の場合はそれほど高速道路を頻繁に使用しないのであまり効果がないが

それでもこのサービスを利用しないよりはした方が明らかに得である。

 

ちなみにNEXCOの場合,

1000ポイントから交換が可能で500円が還元される。

還元額には有効期限がない。

5000ポイントから自動的に還元されるサービスも登録できるのだが,

5000ポイント溜まる前に有効期限が切れそうなので

さっさと還元することに。

 

「ポイント交換」はすぐにマイページに反映される。

f:id:uru3:20160922161530j:plain

 

おわりに:チリも積もれば山となる。

ちなみにこの還元,

3000ポイントでは2500円,5000ポイントでは5000円になるので,

ギリギリまで還元を我慢した方が基本的にもっとトクするようになっている。

今回は試しに還元したが,次回はギリギリまで我慢してみようと思う。

 

それにしてもこのETCマイレージサービス,

高速道路のサービスエリアではよくポスターを見かけるが

それ以外の場所ではほとんど宣伝しているところを見たことがない。

本当に地味なサービスではあるのだが,クレジットカードの還元に加えて

さらに還元が受けられるので,高速道路を利用するなら登録しない手はない。

もしETCはあるのにマイレージサービスを登録してなかったら

ぜひ登録することをお勧めする。

 

こちらの記事もどうぞ