読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

iPhone 7 ジェットブラックにクリアケースをつけて「これじゃない」と思ったらAppleのレザーケースを選べ!


f:id:uru3:20160913201851j:plain

なんでiPhone 7のジェットブラックを買っておいて

Appleのレザーケースであの光沢が美しい背面を隠すんだ?!

 

私はもともとレザーケースユーザーだったわけだが,

それでもジェットブラックを買ったときには

「レザーケースで,本当に良かったのだろうか」と後から悩むことに。

 

結論から言うと,

ジェットブラックとレザーケースは意外とアリ!

 

ついでに言うなら,

ジェットブラックにクリアケースをつけて

もし「なんか違う」「これじゃない」と思ったならば

レザーケースもぜひ選択肢の一つとして検討してもらいたい。

 

ジェットブラックの統一感と黒のレザーケースの落ち着きがGOOD!

Apple公式のレザーケースは

iPhone 7 ジェットブラックが届く29日も前に届いておりまして,

ずっと本体が届くのを待っていた。

レザーケースとiPhone 7のことについては

以下の記事に詳しくまとめたのでご参照あれ。

 

で,やっとこの2つが届いたので,早速装着してみることに。

f:id:uru3:20161012220012j:plain

まず,箱からレザーケースを取り出す。

f:id:uru3:20161012220013j:plain

そして,本体にレザーケースを装着する。

カメラのある上側を先に入れて,ホームボタンのある下側を

後から押し込むように入れるのがコツ。

f:id:uru3:20161012220015j:plain

で,装着した様子がコレ。

f:id:uru3:20161012220016j:plain

違和感が全くなく,とても落ち着いている。

きっと似合うと思っていたが,ちょっとこれは予想以上。

 

ちなみになぜ私がブラックではなくジェットブラックをカラーに選んだかと言うと

レザーケースを装着しても,ジェットブラック特有のシームレスによって

統一感を出したかったため。

 

特にこだわったのがLightningコネクタのある下側の統一感。

f:id:uru3:20161012220018j:plain

そして,カメラレンズの周辺。

iPhone 6/6s に比べ,iPhone 7はカメラ周りが大きくなったので

カバーをしていてもジェットブラックであることは

ちゃんと気づく人は気づけるようになっている。

f:id:uru3:20161012220017j:plain

写真ではレザーの光沢が目立って見えるが,

肉眼ではレザーの黒とジェットブラックの黒の違いは決して悪目立ちせず,

全体的に落ち着きがある。

 

なお,iPhone 7用のレザーケースはサイドボタンの形状が地味に進化しており,

以前に比べて押しやすくなっているのも特徴。

これがかなり良い。まるでボタンとレザーケースが別々にあるような感じである。

f:id:uru3:20161013182836j:plain

 

クリアケースをつけて気がつく「これじゃない」感。

ただ,この記事でAppleのレザーケースだけを紹介すると

単にひいきしているだけのようにも感じるだろう。

 

そこで,もう少し客観的にケースの良し悪しを検討するために

クリアケースも試しに装着してみることにした。

クリアケースにしたら,ジェットブラックの美しさは際立つだろうか?

 

そこで今回はHighend berry製のiPhone 7ケースを使用してみることに。

Amazonで1000円くらいだが,耐衝撃対策は工夫されていて

アクリル背面とクリアパネルを組み合わせたハイブリッドケースである。

以前,クーポン利用で無料になるキャンペーンがあったので

そのとき手に入れたものである。

f:id:uru3:20161012220019j:plain

装着してみると,こんな感じに。

f:id:uru3:20161012220020j:plain

f:id:uru3:20161012220023j:plain

・・・悪くはないが,違和感がある。

 

ジェットブラック本体は本当に漆黒の色なので

逆にクリアケースの側面が浮いているかのように見える。

さらに安っぽさまで際立って,ミスマッチな印象を私は受けた。

 

ちなみに裏側はこんな感じ。

f:id:uru3:20161012220021j:plain

やはり一枚クリアケースで覆っているせいか,

ジェットブラック本来の美しさはカバー無しには勝てない様子。

 

それどころか,

ジェットブラックが光沢で光をよく反射するため,

ケースについた指紋が浮き出てきてしまう。

本体には指紋はついていないが,ケースをつけても指紋が目立つという

本末転倒の結果に。

f:id:uru3:20161012220022j:plain

ジェットブラックの美しさを見せつつ守ることは

どうもかなり難しそうだ。

クリアケースを使えば美しさが際立つかといえば,

それだけではどうも解決できそうにない。

 

念のため補足しておくが,

別に今回使用したHighend berry製のiPhone 7ケースが残念というわけではない。

 

以下の写真はiPhone 7のローズゴールド(妻用)に

このクリアケースをつけて並べた様子だが,ローズゴールドとはすごく合う。

ジェットブラックよりローズゴールドの方が相性は良さそうだ。

f:id:uru3:20161012220025j:plain

妻のiPhone 7ローズゴールドはジェットブラックより2週間も早く到着しており

もっと薄いクリアケースを使っていたが,耐久性がなく不満がっていたので

クリアケースはそのまま妻にあげることにした。

f:id:uru3:20161012220026j:plain

 

おわりに:クリアケースに不満をもったらレザーケースも選択肢に!

純正のAppleレザーケース,決して安くはないのだが,

もしジェットブラックにクリアケースをつけてみて

どーもしっくりこない,と思ったら

レザーケースもぜひ検討してみることを私はお勧めしたい。

 

確かにレザーケースはiPhone 7の光沢を隠してしまう。

でもチラ見するLightningコネクタ側の側面やカメラ周りは

紛れもなくジェットブラックで,その統一感はとても美しい。

ボタンも他のケースより明らかに押しやすくなっている。

f:id:uru3:20161012220018j:plain

これは好みの問題だろう。

万人ウケするとは思わないが,それでも私はレザーケースを勧めたい!!

 

こちらの記事もどうぞ