Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

ありがとう,そしてさようなら,モバイルWi-FiルーターGL04P。


f:id:uru3:20161014221735j:plain

2016年時点でモバイルWi-Fiルーターを使っている人って

どのくらいの割合でいるのだろうか?

 

写真でわかるように,私は3年くらい前に「楽天スーパーWiFi」で

モバイルWi-FiルーターGL04Pを持つようになった。

(※楽天スーパーWiFiは2016年1月29日に申込受付終了)

このルーターにも2年縛りがあったが,GL04PはSIMフリーなため

1年前に解約して,その代わりにIIJmioのデータ専用格安SIMを入れて利用していた。

 

この度,iPhone 7 ジェットブラックのSIMフリー版を買った際に,

ルーターのSIMを音声用SIMに切り替えてiPhone 7に入れることにしたため,

モバイルWi-Fiルーターの利用をこれにて終了することにした。

 

格安SIMがまだなかったあの頃の苦肉のデータ通信節約方法。

最近モバイルWi-Fiルーターを使う人が以前に比べるとだいぶ減ったのは

おそらく格安SIMの登場が大きい要因だと思われる。

 

約3年前の2013年当時,やたらと高い大手携帯電話3社の通信料を

節約する方法としてモバイルWi-Fiルーターが密かに流行ったことがあった。

 

私もその方法を利用していた一人。

当時利用していたiPhone 5の2段階式定額プランをやめ,

さらにiPhone側の設定でモバイルデータ通信をオフにすることで

Wi-Fiしか利用できないようにし,

同時にWi-Fiルーターを安く利用することで

合計額としては節約することができたのである。

 

私は当時からMacを常に持ち歩いていることもあり,

iPhoneのテザリングによる通信料の浪費とバッテリーの消耗を抑えるのにも

それなりに効果があった。

さらにその後,iPhone 6に切り替えた後も同じ運用を続けていた。

先日iPhone 7にさらに切り替えたわけだが

結局iPhone 6は一度もモバイルデータ通信を使わないまま

Wi-Fiだけで乗り切った。

 

結局のところ,モバイルWi-Fiルーターはものすごく面倒だった。

しかし,今考えてみると,よくもまぁ3年も我慢し続けたと思う。

だって,iPhoneをネットに繋げるために

毎度毎度モバイルWi-Fiルーターの電源を入れたり消したりするわけだから

実は相当面倒な作業をずっと行ってきたわけだ。

しかもGL04P,下りが最大75Mbpsであり,

最近のスマホが最大250Mbpsくらい出ることを考えるとだいぶ遅い。

 

そして,iPhoneと一緒に130gもあるルーターも持ち歩かなければ

外で買い物しながらメールを確認することもできなかった。

 

習慣とはすごいもので,それでも慣れれば乗り越えられるのである。

 

が,先日iPhone 7を購入し,格安SIMでスマホ本来の機能である

モバイルデータ通信を3年ぶりにオンにしてみたら,

もう二度とモバイルWi-Fiルーター生活には戻れない

と思った。

 

携帯電話って,本当に便利だね(何を今更

 

おわりに:またモノの歴史がひとつ終わった気分。

今はまた少し進化したモバイルWi-Fiルーターがあるので

私の利用方法はもうあまり参考にはならないけれど,

そのモバイルWi-Fiルーターもいつまで販売されることやら。

 

多くの家電製品がそうであったように,

ポケベルがそうであったように,

モバイルWi-Fiルーターもそう遠くない未来で

時代の波に取り残され,静かに消えていくのだろう。

 

GP04P,

ありがとう,そして,さようなら。

 

こちらの記事もどうぞ