読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

MDノートカバー(ヌメ革)は2ヶ月でどのくらい色が変わるのか?比較して気づく衝撃の事実。


f:id:uru3:20160817213154j:plain

2016年8月18日の記事で,MDノートの事について記事を書いた。

このノート,紙質が良くて万年筆もボールペンもとにかく書き味が良いのが

特徴である。

しかし,今日報告するのはMDノートではなく本革のカバーのほう。

ゴード(ヤギ)の革を無着色で仕上げたもので,

8000円以上とノートカバーとしては結構な額なわけだけど

当時奮発して一緒に買ってしまった。

 

気になるのは「無着色」という部分。

公式サイトでも「時間をかけて育てるヤギ革のノートカバー」とあるように

色がだんだん飴色に変わるという特徴がある。

使い込むほど色の深みを増す,というわけだが,実際どのくらい変わるのか?

 

というわけで,購入後約2ヶ月(正確には66日後)という

中途半端な時間経過ではあるが,

どのくらい色が変わったのか,比較してみた。

 

約2ヶ月後のMDノートカバーの色。

まず,購入直後の色。冒頭でも挙げた写真をご覧いただきたい。

f:id:uru3:20160817213154j:plain

そして,

これが約2ヶ月,66日後の姿である。

f:id:uru3:20161023214835j:plain

飴色・・・っていうか,汚っ!! 

 

・・・すみません,これは明らかにユーザーの問題かな。

確かに毎日手に持って使っていたせいか,こんな事になってしまっていた。

実際,66日間一度も手入れしたことはなし。

写真を撮ってこのように比較するまで,使っていた張本人も

こんなに汚れていたとは全く気がついていなかった。

 

ただし,一応言い訳をしておくと,

買った当初と同じ場所,光量で撮影したこともあったので

だいぶ強く光をあてると汚れが目立ってしまったのだけれど,

普段使用している分には,それほど汚れが目立つわけじゃない(多分)。

 

なお,

ヌメ革の色の変化は場所によってもだいぶ違う。

例えば先ほどの写真も,ノートのウラ面は表面よりも色がまだ薄い。

また,ノートを挟んでいる部分も日焼け(?)のようなあとが残っており,

均一ではない。

f:id:uru3:20161023214846j:plain

 

おわりに:これは好みの問題?手入れの問題?

今回の記事について,私の感想を述べるのなら,

比較なんてするんじゃなかった

と,猛省しております。

知らぬが仏とは,まさにこのこと。

 

使い方としては,本当に何も革の手入れをしなかったので

手入れさえすればもう少しマシになるのか,

それともある程度は仕方ないのか,その辺りが今回残った疑問である。

 

どちらにせよ,

今後使用する人はこの点ちょっと気をつけたほうが良いかもしれない。

 

私はとりあえず,今後の経過ももう少し見てみるとともに,

手入れの仕方についても検討材料としておきたい。

 

こちらの記事もどうぞ