Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

【ギモン】Amazonで買える遺伝子分析キットの中には何が入っているのか?


f:id:uru3:20161122212108j:plain

 最近ニュースでも「遺伝子」や「ゲノム編集」という言葉を

頻繁に耳にするようになってきた。

(一応)生物の教員である私も最新ニュースに関心があり,

このブログでもこれまで「ゲノム編集」について書籍などは紹介してきた。

一方,近年大変身近になりつつある「遺伝子分析」については

実はあまり私も調べてこなかったフシがある。

 

遺伝子分析といえば,1990年代に「ゲノムプロジェクト」という

ヒトのDNAの全塩基配列約30億個を調べるという途方も無い計画があり

約12年経った2003年に完了している。

しかし今や,次世代シーケンサーの登場により

12年かかっていた分析は今ではたった1日しかかからない。

そんなわけで最近はAmazonのようなネットショッピングでも

遺伝子分析キットが買えるほど実は身近になっているのである。

 

そこで,今回は教材研究(?)も兼ねて

試しにAmazonでアルコール感受性遺伝子分析キットを買ってみた。

キットの中に何が入っているのか,調べてみた。

 

Amazonで気軽に遺伝子分析キットが買えてしまう時代。

今回Amazonで買った遺伝子分析キットは

『GENOTYPIST アルコール感受性遺伝子分析キット』という

5000円くらいのキット。

f:id:uru3:20161122212058j:plain

他にもAmazonにはいろんな遺伝子分析キットが売られており

調べる遺伝子の数によって5000円から30000円まで幅があるようだ。

 

で,今回買ったアルコール感受性遺伝子分析キットというのは何かと言うと,

端的にいえば「どれくらいお酒が強いか?」を調べるもの。

ちなみに私はお酒がめっぽう弱く,ここ数年全く飲んでいないので

被験体になるにはちょうど良い,と考えたわけである。

f:id:uru3:20161122212059j:plain

調べる遺伝子はADH1B遺伝子とALDH2遺伝子の2つ。

 

ここで少し,飲んだ後のお酒の行方について学習しよう。

 

私たちがお酒を飲むと,アルコール(正確にはエタノール)が体の中に取り込まれる。

しかし,アルコールは体にとっては毒なので,その毒を分解して壊そうとする。

アルコールの分解は2段階あって,

「アルコール(毒)→アルデヒド(毒)→酢酸」の順に進む。

お酒に強い人はこの分解を体がうまく行える人で,

逆にお酒の弱い人は,この2段階の分解のどちらか,または両方が

うまくいかない人なのである。

 

しかも,このアルコールの分解に関わる酵素タンパク質を作る遺伝子は

「SNP(スニップ)」と呼ばれる遺伝子多型が存在する。

簡単にいえば,人によって遺伝子の一部がほんのちょっと違うのである。

ちなみに,タンパク質はアミノ酸が一列に並んだもので,

アミノ酸の並び方によってタンパク質の形がちょっとずつ変わる。

形が変わると機能や性質まで変わってしまう。

 

Amazonで買った遺伝子分析キットで調べる遺伝子の場合,

ADH1B遺伝子はアルコールをアルデヒドに分解する酵素を作る遺伝子で,

47番目のアミノ酸がアルギニンの人とヒスチジンの人がいる。

ALDH2遺伝子はアルデヒドを酢酸に分解する酵素を作る遺伝子で,

487番目のアミノ酸がグルタミン酸の人とリシンの人がいる。

前者のアミノ酸を持っている人ほど素早く解毒できるので

お酒が強い人,というわけだ。

 

遺伝子分析キットを開けてみた!

さて,予習はこの辺にして,

実際に遺伝子分析キットを開けてみることに!

f:id:uru3:20161122212101j:plain

中から出てきたものはこんなもの。

f:id:uru3:20161122212102j:plain

明らかに分析にしようしそうなものは,綿棒とプラスチックの試験管。

f:id:uru3:20161122212103j:plain

キットの使い方はいたって簡単なようだ。

まず,口をよくうがいで綺麗にした後

口腔上皮細胞(口の中でほっぺたの裏側に当たる場所)を含んだ粘膜を

綿棒でこすってとる。

それを試験管ケースに入れて,書類とともに郵送。

後日,結果が届くというものだ。

f:id:uru3:20161122212100j:plain

呆気ないほど簡単である。

調べられる遺伝子は2つだけだけど,実際の操作はとても簡単なようだ。

 

ちなみに箱の中には返信用封筒と3枚の文書が同封されていた。

一つは説明書,もう一つは同意書である。

細胞といえども,DNAは「究極の個人情報」なので

同意書にはびっしりと小さな字が書かれている。

もちろんちゃんと読まなければならない。

f:id:uru3:20161122212104j:plain

 あと1枚は申込み用記入シート。

個人情報について記入しなければならないが,

未成年の場合は保護者の同意も必要のようだ。

f:id:uru3:20161122212105j:plain

 この申込書の下には気になる一言も書かれている。

「オーダーメイド医療実現のための遺伝子研究へのご協力について」である。

f:id:uru3:20161122212106j:plain

この文面から考えるに,

提供したDNAがただのアルコール感受性検査に使われるだけでなく,

他の塩基配列もSNPの研究に使われる可能性はとても高い。

そう考えると,5000円は少し高いような気がしてくる。

被験体として情報を提供するのだから,

もっと割安にするか,むしろお金をもらう側でもいいんじゃないかと思うのだが,

その辺りは色々な規制があるに違いない。

 

ちなみに申込書の裏にはアンケートがある。

f:id:uru3:20161122212107j:plain

 

おわりに:実際に分析キットを送ってみたい!

教材研究,という名の興味本心で買ったキット。

このまま教材としてとっておいても良いが,

せっかく買ったので,実際にほっぺたの裏っかわの細胞を送って

結果を見てみたいものである。

 

これを書いている時点ではまだ実行していないが,

分析結果については,追々また報告したい。

 

乞うご期待!

f:id:uru3:20161122212058j:plain

 

こちらの記事もどうぞ