Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

「eRemote mini」と「リモコンコンセント」でリモコンが存在しない家電をIoTデバイスに変える!


f:id:uru3:20161230095707j:plain

2016年12月末にいわゆるスマートリモコンこと「eRemote mini」が届いたので

使い方を色々と検証している。

前回は赤外線方式ではなく無線方式のリモコンを

eRemote miniで操作できるようにする方法について書いた。

今回は少し別のパターンについて検討してみたいと思う。

それは「そもそも家電にリモコンが存在しない場合」である。

 

だったら,

赤外線リモコンで操作できるようにすればいいじゃない!

 

というわけで,

リモコンの存在しない家電を赤外線リモコンで操作できるようにし,

さらにeRemote miniで認識・学習させた上で遠隔操作を可能にしてみた。

 

「リモコンの存在しない家電」とは?

家の中にはリモコンがそもそも存在しない家電がまだ多い。

例えば,我が家の場合はアイリスオーヤマで買った加湿器がそれに当たる。

f:id:uru3:20161230095708j:plain

 

見ていただければ一目瞭然。

これはつまみ1つでスイッチのON/OFFからミストの量まで調節できる。

f:id:uru3:20161230095709j:plain

ここまでシンプルなら操作に悩むことはまずないだろう。

けれど遠隔操作ももちろんこのままではできない。

 

冬場の室内を考えると,これはちょっと困った問題だ。

我が家のエアコンは暖かい空気を出せるが,加湿効果はない。

室温が上がれば室内の飽和水蒸気量も上がる。

しかし,室内の水蒸気量それ自体は他に条件がない限り変わらないので

結果的に湿度は下がってしまう。

湿度(正確には相対湿度)って

飽和水蒸気量に対する実際の水蒸気量の割合だからねkara。

※中学校理科2年の内容です。

 

要はエアコンと一緒に加湿器も一緒に操作することで

室温を上げると同時に湿度を保ちたい(あるいは上げたい)わけだ。

室温を上げるとミストが蒸発しやすくなるので,

蒸発熱によって熱は奪われてしまうから室温が上がりにくくなるけど,

加湿されれば逆に室温は下がりにくくもなるし,何より風邪の予防にもなる。

 

・・・というわけで,ちょっと前置きが長くなったが

要はこのリモコンの存在しない加湿器を遠隔操作するのが今回の目的である。

 

リモコンが存在しない家電をリモートで操作できるようにする。

リモコンが存在しない家電の場合,

代わりのリモコンを用意したり,家電の中をいじって解決することはできない。

もし操作を加えるとしたら,家電には必ず存在する

電源アダプター周辺を工夫する必要がある。

 

例えば,eRemote miniを販売しているLinkJapanからは

「ePlug」というスマートプラグが出ている。

これを使うとスマートフォンからON/OFFの操作ができ,

タイマー機能を使って操作を自動化することもできる。

ただこれではeRemote miniと重複する機能が多すぎる上に,

3Pプラグ式なので,日本の一般的なコンセントである2P式に合わせるために

変換アダプターを追加購入するか,分解して改造する必要がある。

何より,価格が5000円前後する。これは高い。

 

しかしもっと簡単な方法でIoTデバイスを作る方法がある。

それは「リモコンコンセント」というものを使う方法だ。

f:id:uru3:20161230095657j:plain

 オーム電機のリモコンコンセント(OCR-05W)なら2000円前後でお手軽だし

リモコンしかついていないので遠隔操作やタイマー機能は

eRemote miniで設定するだけでいい。

もちろん他社メーカーにもリモコンコンセントはあるけど

コスパがいいのはおそらくこの辺だろう。

 

リモートコンセントを使ってみよう!

では早速リモートコンセントを準備してみる。

f:id:uru3:20161230095658j:plain

OCR-05Wに入っているパーツは本体,リモコン,そして電池の3つ。

f:id:uru3:20161230095659j:plain

ちなみに本体はeRemote miniよりもやや大きい。

f:id:uru3:20161230095701j:plain

まずはリモコンのセットから。

ボタン電池(CR2025)を・・・f:id:uru3:20161230095703j:plain

リモコンにカチッと入れる。これだけだ。

 

f:id:uru3:20161230095704j:plain

次に,本体をコンセントにセットする。

ここで注意したいのは,本体の大きさである。

例えば下のようにアース線付のコンセントの場合だと・・・

f:id:uru3:20161230095705j:plain

ちょうどよくハマる。

f:id:uru3:20161230095706j:plain

若干したに隙間があるので,タコ足になってもまだ余裕がある。

しかし普通のコンセントで設置しようとすると,

少なくとも下のコンセントにはアダプター付きのプラグを指すのは難しそうだ。

 

さて,ここに先ほどの加湿器のプラグを指す。

f:id:uru3:20161230095707j:plain

準備はこれだけ。3分とかからない。

 

あとは先ほどのリモコンをeRemote miniに学習させるだけだ。

学習方法は他の家電と同じなので,下記の記事を参照してほしい。


おわりに: リモートコンセントはコスパ高いかも。

今回はeRemote miniで遠隔操作するために

オーム電機のリモコンコンセント(OCR-05W)を買ったけれど,

これ,ぶっちゃけIoTデバイスにしなくても

リモコンコンセント単体でも十分使い勝手が良いかもしれない。

例えば手の届かない家電を操作したいときは

これ1つで十分だと思う。

eRemote miniというきっかけがなければ

リモコンコンセントという装置の存在も知ることがなかったかもしれない。

 

なお,このリモートコンセント,

eRemote miniの販売効果なのか,Amazonでは若干値上がりしているようなので

買うタイミングにはちょっと注意した方が良いかもしれない。

 

つづきもどうぞ

 

こちらの記事もどうぞ