Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

【備忘録】Inbox by GmailにiPhoneの「連絡先」を連携させ使用する方法。


f:id:uru3:20170131184628p:plain

Gmailから『Inbox』というアプリが出てから久しくなる。

自動的にメールが振り分けられることはもちろんのこと,

リマインダー機能がとても秀逸で便利。

重要度が低いメールや,後で思い出したいメールなどを

受信ボックスに呼び戻せるというのはとても便利だ。

UIも見やすいため,定着しつつアプリなのではないだろうかと思う。

 

ただし,iOSユーザーにしてみると,一点不便な点がある。

それは,Appleの連絡先(以後「Apple連絡先」)とInboxが連携できないという点だ。

これを回避するためには「Google連絡先」と「Apple連絡先」を

事前に連携させておく必要がある。

 

InboxはmacOSやiOSの連絡先を直接利用できない。

基本的にInboxは「Google連絡先」にメールアドレスが登録されていないと

その登録された名前を表示してくれない。

 

したがって,例えばiPhoneなどでInboxから新規メールを作成する際,

名前を使ってアドレス帳からメールアドレスを検索してくれない。

メールを書くときには,アドレス帳から送り先のメールアドレスをコピーして

Inboxを立ち上げ,新規メールに貼り付けるという手間が発生する。

 

また,以前受信したメールアドレスに新規メールを送ろうとしても

メールアドレスの持ち主が差出名を登録していなければ

名前は表示されず,アドレスそのものが表示されてしまう。

 

これは,メールを作成する際には不便だ。

改善するためには,「Apple連絡先」に登録されているアドレスを

「Google連絡先」に登録しておく必要がある。

 

Google連絡先をAppleの連絡先と連携させるとすごく便利!

Appleの連絡先とGoogleの連絡先を連携する方法はいくつかあるが,

もっとも手っ取り早い方法は

  1. iCloudの連絡先データをエクスポートし,Google連絡先へインポートする
  2. Google連絡先をAppleの連絡先と連携し,Gmailアカウントをデフォルトアカウントとする

という方法である。

 

Appleの連絡先データをエクスポートする。

まずは,iCloud内の連絡先をエクスポートする。

これにはiCloudと連携したMacの連絡先を使用する。

 

「すべての連絡先」が選択された状態で,

[ファイル]>[書き出す]>[vCardを書き出す]を選択すると,

拡張子が「.vcf」のファイルが作成される。

 

vCardファイルをGoogle連絡先でインポートする。

vCardファイルが連絡先の入ったデータになる。

今度はこれをGoogle連絡先にインポートする。

 

まず,Googleにログインした状態で「Google連絡先」を開く。

こちらは2017年時点で新しいバージョンと古いバージョンがあるが,

古いバージョンでしかデータをインポートできないので,

一旦古いバージョンへ戻す必要がある。

f:id:uru3:20170131184618p:plain

古いバージョンの左側メニュにある「連絡先をインポート」を選択すると

アラートが表示される。

f:id:uru3:20170131184619p:plain

そこから先ほどのvCardファイルを選択し

「インポート」を選択する。

f:id:uru3:20170131184619p:plain

これでGoogle連絡先側のデータが完成する。


 

「Apple連絡先」にGoogleアカウントを連携させる。

ここからはiPhoneでの操作を紹介する。

この時点でGoogleアカウントには「Google連絡先」が登録されている。

これを「Apple連絡先」にと連携させる,

 

方法はとても簡単。

[設定]>[連絡先]>[アカウント]>[アカウントを追加]を選択し,

Googleアカウントを追加する。

f:id:uru3:20170131184621p:plain

f:id:uru3:20170131184623p:plain

f:id:uru3:20170131184624p:plain

次に登録したGmailのアカウントを開き,

連絡先をONにする。

f:id:uru3:20170131184625p:plain

ただし,この時点ではApple連絡先とGoogle連絡先は同一のデータとなるので

Apple連絡先を開くと,登録データが重複して表示されてしまう。

 

そこで[設定]>[連絡先]に戻る。

iCloudとGmailのアカウントの連絡先がどちらもONになっているとき,

設定画面に「デフォルトアカウント」という項目が新たに表示される。

これをGmailに設定すれば,新たに連絡先を登録するとき,

自動的に「Google連絡先」の方に登録されるようになる。

f:id:uru3:20170131184627p:plain

逆に,この設定をするとiCloud側に連絡先は更新されなくなる。

ここまで設定すると,もはやiCloudのデータは必要ではなくなるので,

[設定]>[iCloud]を選び,連絡先をOFFにしてしまうのも手だろう。

f:id:uru3:20170131184626p:plain

おわりに:Inbox by Gmailが連絡先によってさらに便利に!

今回の設定の場合,iCloudとの連携を切ってしまうことになるので

「正直そこまでしなくても不便だと思わない」という人は

この設定をする必要はないだろう。

 

逆に「Inbox by Gmailを使い倒したい!」というAppleユーザーは

Google連絡先のデータを充実させよう。

 

まぁ,本音を言えば,

InboxがデフォルトでApple連絡先と連携できるようになるか,

逆にAppleの「メール」アプリがInbox並みに便利になれば

最も楽な方法なんだけどね。

 

こちらの記事もどうぞ