読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

部活動指導の外部指導員導入と子どもの貧困。


f:id:uru3:20170304135423j:plain

 前回,部活動の外部指導員導入について

担任目線から見た心配事を1つ書いた。

 今回は少し視点を変えて

子どもの貧困問題と関連づけて書いてみたい。

 

子どもの貧困はニュース等でも取り上げられる通り

13人に1人の割合でいると言われている。

 

ただ,この数値は実感とズレがある。

というのも,世帯年収の分布は公立校の場合,その地域によって

だいぶ異なるからである。産業・企業とも関わりがとても深い。

世帯年収の高い地域では貧困は無縁だが,

低い地域では13人どころか3人や2人に1人の割合に跳ね上がる。

 

それでも日本はまだ機会平等という点で

日常生活の中でその差はわずかで,見た目では分かりにくい。

しかし,部活動では貧困が顕在化するのだ。

 

貧困の子どもは運動や音楽ができない?

部活動の中で子どもの貧困状態が顕在化する理由は極めて単純で

部活動が学校の中で唯一子どもが所属先を自由に選択できるものだからである。

 

そして,これも当たり前なことだが,

活動によってそれにかかる費用も変わる。

基本的には集団活動を伴う部活は部費や消耗品費が高くなりやすい。

 

運動部ならユニホームやウェア,シューズ,

遠征の交通費,旅費などなど。

保護者会やOB会などがあればさらにその会費もかさむ。

 

吹奏楽などの音楽関係なら自腹で楽器(種類にもよる)やレッスン代,

外部での演奏の場合,交通費に楽器の運搬費。

美術なら画材などがかさむ。

 

基本的に個人が消耗するようなものは個人負担になることが多い。

そして,ここが最も子どもの貧困が表に出やすいところでもある。

 

費用を払って欲しいものの,保護者は苦い顔をし,

できれば部活をやめて欲しいと願う。

一方,集団競技の部活であれば,顧問やコーチから辞めるのを留まるよう言われる。

経済的理由で辞めたとしても,今度は友人などの人間関係がギクシャクし

学校内の居場所が徐々に減ってしまう。

 

このような問題はすでに発生しているし,

今後増えていく可能性が高いと私は思う。

 

おわりに外部指導員は貧困の表面化とどう向き合うか?

貧困はデリケートな問題である。

海外ならもう少し対応が違うのかもしれないが,

日本の学校では個人の経済的状況は可能な限り表に出ないよう配慮する。

 

このような子どものおかれた状況を

外部指導員はどのように対応できるだろうか?

外部のチームや教室なら月謝を払えなければそれで終わりだし

やめてもそこまでの後ぐされはない。

けれど,学校という環境ではこれが成り立たない。

 

目下の貧困問題を学校は解決できない(そもそもそういう組織ではない)。

解決できるとしたら,それは行政しかいないわけだが,

部活動のあり方や外部指導員導入を検討する際に

子どもたちのこのような状況について

どこまで配慮できるものなのか,それは深く議論する必要があるだろう。

 

こちらの記事もどうぞ