読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

ありがとう,そしてさようなら,初代Apple Watch。


f:id:uru3:20170308214815j:plain

こんにちは,uru(@uru_)です。

 

前回,AirPodsが届いたので紹介の記事を書いた。

シンプルな機能というのは,本当に良いものです。

 

それに対してApple Watchはというと,

個人的には多機能がかえって裏目に出てしまったプロダクトかなぁ・・・。

 

そんなわけで,手元に届いてから681日経った

初代Apple Watch 38mmステンレススチールケースとミラネーゼループを

ドナドナしてしまいました。

 

2年使って分かった,AppleらしからぬWatchの特徴。

Apple Watchのダントツに良い点を1つ挙げるとするなら

「皮膚に触れる感触の良さ」にあると思う。

金属製の物体で,Apple Watch以上に着け心地が心地よい製品を

私は知らない。

 

しかし,その良さこそ,実はApple Watch最大の弱点でもあった。

 

これはApple Watchに限らずスマートウォッチ全体に言えることだが

欠点もたった1つである。

 

それは「腕時計」であると同時に「活動量計」にしてしまったこと。

 

腕時計は腕の上で時間を刻むカラクリである。

刻むのだから,動き続けなければならない。

動き続けるためのエネルギーをどのように供給するかが大きな課題となる。

動力は主に4種類「クォーツ」「ソーラー」「手巻き」「自動巻き」がある。

しかし基本的には長く使えるに越したことはない。

 

一方,活動量計は健康やスポーツにおける運動量を記録する装置だ。

そのためにはいくつかのバロメーター(歩数,睡眠,心拍数など)が必要である。

ある特定のスポーツを定期的に行う人ならともかく,そうでない人にとっては

1日丸ごと記録しなければ運動量の全体を見ることができない。

1日中つけたければやはり問題となるのはエネルギーだ。

 

腕に身につけるという制約上,

重量とバロメーター,バッテリー容量は互いにトレードオフの関係である。

 

そして,もうひとつ今回私が学んだことは「不易」と「流行」の関係だ。

腕時計にしろ活動量計にしろ値段はピンキリではあるが,

腕時計の本質はやはり「不易」だろう。

ものによっては一生の財産になる。

 

しかし活動量計は,いくら機能が優れたものであっても「流行」だ。

一生どころか10年使い切るのすら簡単ではないだろう。

 

Apple Watchの欠点は,不易と流行の混在にある。

 

実際,初代Apple Watch登場から1年ほどして,新たに出たApple Watchは

防水機能が強化されて,活動量計により近い存在となった。

バッテリー時間が延びたとはいっても,

そこにApple Payといったおサイフ機能も盛り付けて

さらに便利になった。

 便利になったからこそ,バッテリー充電は活動量計としての性質に反するし,

腕時計としてのApple Watchを愛せなくなってしまう。

第2世代で販促戦略が変更されたことによって,

Apple製品の持つ良さが残念ながら薄れてしまったと言わざるを得ない。

 

初代Apple Watchを買って学んだこと。

私はApple Watchを使うことで

活動量計の面白さ,自分の運動データの視覚化の面白さを知った。

一方で,腕時計の面白さも知った。

 

その結果,

他の腕時計を買ってみにつけたいという気持ちが起こるようになった。

けれど,活動量も計測し続けたい。

しかし,Apple Watchを身につけなければ活動量は測れない。

しかしそれでは別の腕時計がつけられない。

 

この矛盾を解消するために

Apple Watchという存在が邪魔となった。

 

Apple Watchは実はかなり排他的なデバイスだ。

 

腕時計も,活動量計も,ファッションという要素もある。

シンプルな機能だけなら,色々なファッションと調和できたかもしれないが,

Apple Watchは唯一無二な存在なだけに,調和がとれない。

「皮膚に触れる感触の良さ」だけでは超えられない壁がここにある。

 

Apple Watchを買取に出す。

以下の記事にも紹介したが,

Apple製品は比較的高く買い取ってもらえる傾向がある。

 ただし,初代Apple Watchは例外というか,

例えばソフマップでは7000円代の買取となっていた。

購入価格の1/10まで下がるとは,さすがにショックである。

今回は別のところに依頼した。

その件についてはまた改めて紹介したい。

 

また,買取を依頼するにあたってApple Watchは

いくつか設定を解除する必要がある。

 

まず以前のブログで紹介した

mac OS Sierraに設定した「自動ロック解除」設定を解除。

 (これを解除しても,Macの使いごこちは正直大して変わらない)

 

これを行なった後

Apple Watchのパスロックを解除。

次にiPhone側の設定からペアリングを解除。

 そして最後はApple Watchの初期化である。

 

さらにその後,水洗い。

古い歯ブラシと中性洗剤で優しくこすると

思いの外ドロドロと黒い水が出て軽くショック。

写真はお見せできないが,腕時計って結構汚れるものなんだということを

知りました・・・。

 

おわりに:Apple Watchの代替についての検討

Apple Watchは売ってしまったが,

腕時計も活動量計も,どちらも欲しいという点は変わっていない。

 

そこで,Apple Watchの買取で戻ってくるお金をやや頼りつつ,

代替の腕時計と活動量計を用意してみることにした。

 

続きを乞うご期待!

 

つづきもどうぞ