Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

MacBookは滅びぬ。何度でも蘇るさ。


f:id:uru3:20170716214306j:plain

物心ついたときにはApple信者になっていたuru(@uru_)です。

 

先日壊れたMacBookが蘇生しました。

 

前回の記事で,MacBook2度目の死と

駆け込み寺ことBIC Apple製品修理サービスについてお伝えしました。

いやほんと,自分のPCが動かなくなるって焦りますよね・・・。

その後Appleサポートとまた連絡し直し,

最終的には修理サービスではなく自宅からクロネコヤマトでPCを運び,

またクロネコヤマトで帰ってくる,という感じで戻ってきました。

 

それにしても前回の記事にも書いた通り,

MacBookって壊れやすいのではないか?という若干の疑問が拭えない案件でした。

備忘録として,今回の出来事を整理しておきたいと思います。

 

MacBook,2度目の死と3度目の蘇生。

私のMacBook(Retina, 12-inch, Early 2015)は2度故障しています。

その経緯を時系列にまとめるとこんな感じです。

  • 2015年5月下旬 MacBookを最速で手に入れる。
  • 2015年11月下旬 MacBook最初の故障。電源が入らない。
  • 同年11月下旬 無償修理サービスによりロジックボードを交換
  • 2017年7月中旬 MacBook2度目の故障。充電ができない。

 

そして今回帰ってきたMacBookがこちら。

f:id:uru3:20170716214348j:plain

箱の中には修理の終わったMacBookと,

f:id:uru3:20170716214410j:plain

AppeCare Service修理報告書が同封されていました。

まさか同じMacで2度も修理報告書を見ることになるとは・・・

f:id:uru3:20170716214435j:plain

 

で,今回の検証結果と作業内容を見ると,

2015年11月の修理で交換してもらったロジックボードが故障していたことが判明。

再びロジックボードを交換してくれたようです。

加えてUSB-Cコネクタにも不具合があり,I/Oボードも交換しています。

 

まさかの二重故障。そりゃ充電もできないし,電源も入らなくもなるわ。

 

f:id:uru3:20170716214458j:plain

 

ちなみに修理後の不具合は90日以内まで無償修理が可能です。

最初の不具合で交換したロジックボードはもちろんこの90日を超えています。

けれど,また2年以内に壊れるというのは

ちょっと・・・幾ら何でも早過ぎません?

 

おわりに:次また壊れたら,MacBookを買うのは躊躇するかも。

機械である以上,いつかは壊れます。

モバイル性の高いMacBookは持ち歩くことを前提としますので,

普通のPCよりは使い方に負荷をかけていたかもしれません。

無論私一人の経験でMacBookが壊れやすい,なんて結論づけるのは性急なのは

よく分かっています。

 

よく分かっているけれど・・・そこは人間なんですよね〜。

ショックが大きかっただけに,どうしてもバイアスがかかってしまいます。

 

「次また壊れたら」なんて考えたくありませんけど,

買い替えの時期が来るまで,もうしばらく頑張ってね,MacBookさん。

 

こちらの記事もどうぞ