Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

コスパ&汎用性高し!DBPOWERの自転車用スマホホルダーをレビュー!!


f:id:uru3:20170728231335j:plain

こんにちは,uru(@uru_)です。

Amazon PrimeDay 2017が先日あり,珍しく色々買ってしまったわけですが,

その中でもこれは良かった!と思ったものをご紹介します。

 

今回紹介するのは自転車用スマホホルダー。

 

先日パナソニックの電動アシスト自転車「ジェッター」を買いまして,

これをきっかけに自転車用のスマホホルダーも探していたところ

DBPOWERというメーカーのスマホホルダーが

Amazon PrimeDayで1000円ちょっとと安くなっていたのでポチッと。

後から気づいたのですが,

別にPrimeDayでなくてもセール価格になっているので,

価格はとりあえずお得な商品です。

 

とは言ったものの,

Amazonで自転車用スマホホルダーを探せばものすごい種類が出てくるので

その中でどれが本当に素晴らしいのかは私にも分かりません。

けれど,価格からすればDBPOWERの自転車用スマホホルダーは

私の求める要件を十分満たした良い買い物だと思ったので

これについて詳しく紹介してみたいと思います。

 

1000円ちょっとで購入できる必要十分な自転車用スマホホルダー

先ほども述べたように,

Amazonで自転車用スマホホルダーを探すと,鬼のような数が出てきます。

その中からどれを選ぶかは至難の技になってくるわけですが

そんな時私が参考にするのは「カスタマーレビュー」の形です。

いわゆるL字型と呼ばれる,星5つのレビューが最頻値となっており,

順に4,3…となっているものは,大外れすることは滅多にありません。

 

あと,レビューの合計数はあまり参考にしません。

むしろレビュー数が少なくて,L字型になっている商品は

掘り出し物である可能性が高く,購入する側にとってはむしろワクワクしてきます。

 

今回紹介するDBPOWERの自転車用スマホホルダーは

まさにその条件に当てはまるものです。

 

届いた商品がこちら。

f:id:uru3:20170728231150j:image

一見するとかなり地味です。

なかにはパーツが2つ(ホルダーとグリップ),説明書が1枚。

f:id:uru3:20170728231207j:image

説明書はちゃんと日本語になっていますが,

読まなくてもホルダーをグリップと接続すればすぐに使えるようになっています。

f:id:uru3:20170728231219j:image

実際に自転車(ジェッター)に装着した写真がこちら。

f:id:uru3:20170728231233j:image

ハンドル装着部分のシリコンはそれなりに厚くできており,

ネジをしっかり締めれば,ぐらつきは全くありません。

もちろん自転車に傷もつきません。

 

これにスマートフォン(iPhone 7)を装着します。

ちなみにレザーケースに入ったままの状態です。

f:id:uru3:20170728231304j:plain

ホルダー部分の角4つにラバークリップが付いていて

これをビヨーンと引っ張ってスマホの角に合わせて装着します。

このラバーグリップが使いながらどのくらいのスピードで劣化するか

少々気にはなりますが,ホールドはしっかりしています。

最初,電源ボタンに引っかかってしまったりして少しもたつきましたが

すぐに慣れるはずです。

f:id:uru3:20170728231335j:image

ちなみに,このスマホホルダーの左右のクリップアームは

常に収縮しているタイプで,固定式ではありません。

カチカチカチとサイズを合わせ,外す時にボタンを押すといった

煩わしい作業がないのが好印象です。

f:id:uru3:20170728231348j:image

スマホの向きは360°自由に回転できます。

f:id:uru3:20170728231418j:image

 

DBPOWERの良いところと心配な点。

自転車用のスマホホルダーを購入するのは今回が初めてですが,

以前,クルマ用にスマホホルダーを使っていたことがあったので

それと比較しながらDBPOWERの良い点と心配な点をまとめてみました。

 

良い点
  • スマホのサイズやカバーの有無に依存しない。
  • ラバーグリップ固定の安定感が素晴らしい。
  • グリップがしっかりハンドルに固定される。
  • 左右のクリップアームの構造がシンプル。
心配な点
  • シリコンの劣化

シリコンは通常2,3年で劣化するものですが,

自転車,つまり屋外での使用でどこまで持つのかは

実際使ってみないと分かりません。

 

ただ,全体的にみれば私には好印象な点の方が多い結果となりました。

一番の利点は,スマホのサイズやカバーの有無に依存しないところでしょう。

手帳型のカバーの場合は難しいかもしれませんが,

それ以外であれば,

スマホのサイズに合わせてラバーグリップやクリップアームを

合わせることができるので,その点はとても便利です。

そしてホルダーとグリップがともに十分な安定性を持っています。

特にグリップは3点で支える構造となっており,理にかなっています。

 

あと,地味ですが何気によくできていると思ったのはクリップアーム。

ただ挟むだけ,というのがいいですね。

 

ラバーグリップとクリップアームを

覆うようにしてスマホを装着するタイプのホルダーがありますが,

スマホのサイズやカバーの有無に依存しやすいものが多い割に

かっちりと固定されにくいということが以前よくありました。

クリップアームがボタン式になっている場合は,

先のボタンの調子が悪くなってくるので,非常に不便でした。

 

それに比べるとこのDBPOWERの自転車用スマホホルダーは

地味に手こずらせる余分な機能がほとんどそぎ落ちており

かなり完成形に近い商品に仕上がっているような気がしました。

これが1000円ちょっとなら,コスパとしては満足です!

 

おわりに:早く自転車で旅がしたい!

ちょっとここ数日体調不良が続いており,

せっかくジェッターやスマホホルダーが届いたのにどこにも出かけていません。

 

嗚呼,早く遊びに外へ出たい!

 

今回紹介したDBPOWERのスマホホルダーは

煩わしさがないので,存分に本来の目的であるツーリングを

楽しくしてくれるでしょう(と期待したい)。

 

こちらの記事もどうぞ