Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

無印良品「MUJI to GO 旅を快適に過ごす〜旅の持ち物セミナー」に参加!そして学びアリ!!


 

f:id:uru3:20170812223122j:plain

こんにちは,uru(@uru_)です。

夏休みシーズンになるとワークショップやセミナーといった催しが多いですが,

それは何も子どもの特権ではありませぬ。

企業が行う大人向けのセミナーにも学びアリ!ってもんですよ!!

 

普段はどっちかって言うと学びを提供する側の私が

お盆真っ只中にもかかわらず興味が惹かれて行ってみたのが,

無印良品「MUJI to GO 旅を快適に過ごす〜旅の持ち物セミナー」。

 

無印良品の公式アプリ「MUJI passport」に配信される記事には

無印良品が行っているワークショップやセミナーの情報が配信されるので

暇つぶしに見ていると結構興味が湧いてきます。

今回紹介するイベントも偶然見つけたもので,

19店舗限定ということもあり,申し込みできたのもラッキーでした。

しかも今回は無料!*1

 

無印良品というと,最近特にトラベルグッズの改良が盛んで

力を入れている感じがあるのですが,

そんな無印が勧める荷物の選び方やコーディネート,パッキングの仕方とは何か

興味が惹かれませんか?

 

無印良品公式セミナーに突入!

私が参加したのは,無印良品アトレ恵比寿店のイベント。

アトレの5Fと6Fにテナントが入っているのですが,

他の店舗と異なり,暮らしや科学に関する図書が豊富に置いてあったのが

とても印象的でした。

MUJIBOOKSと言うそうで,

「科学道100冊*2」シリーズの参加店舗であると言うあたりが

個人的には特に好印象でした。

 

セミナーはまさにその本棚に挟まれた一角のスペース。

木製のテーブルにカラフルな椅子が置かれたその場所で

私を含む8名の参加者が60分のセミナーを聞いたり,体験したりしました。

f:id:uru3:20170812223122j:image

 

・・・まぁ,1つ予想外だったとしたら

参加者が私以外,全員女性だったってことですかね。

担当の無印社員の方も女性だったので

私だけ男一人完全に浮きまくって恥ずかしかったですが,

ここまでくると,もう逃げられない。

 

無印良品「MUJI to GO 旅を快適に過ごす〜旅の持ち物セミナー」では

社員さんのプレゼンや資料を読みながら,

旅の服装の選択やパッキングについて

無印良品の商品を実際に触ったりパッキングしたりしながら

参加する形式でした。

 

資料はこんな感じ。

中には写真やパッキングの方法も書いてあって,

ポイントとなる情報がまとめられています。

f:id:uru3:20170812223145j:image

1つだけ紹介すると,

すごく参考になったのが「Tシャツのたたみ方」。

f:id:uru3:20170812223159j:image

ただたたむのではなく,最後に筒状の形になって

しかも解けなくなるたたみ方。

スーツケースに入れる時空間を1番有効に使える形。

この畳み方が実際やってみるとものすごく簡単だったので

これは今度の旅にすごく使える情報でした。

同じ参加者も「お〜!」と言う声が上がったのはココでしたね。

f:id:uru3:20170812223218j:image

その他,イベント参加にはお土産もついてきて

私は化粧水,乳液,汗拭きシートをもらいました。

参加費無料なのに,お土産付きとは・・・!

 

おわりに:暮らしの役に立つ情報に直結し学びがある!

・・・まぁはっきり言ってしまうと,

このイベントが無印良品の販促であることは言うまでもないんですけど

それでもなかなか店頭では聞けない商品の良さを直に体験できるのは

参考になる点が多いです。

そうでなくとも,無印良品のシンプルで無駄のないデザインは好きなので

「無印良品が好き!」と言う人は,

参加してそれなりに満足できると思います。

 

あと,強いて言うなら

ファシリテーター役の社員さんの進行方法や学びのデザイン方法には

改善の余地があるかも。

私,それを生業として生きているので,どうしても気になっちゃうんですよね。

 

せっかく無印良品に科学本とか置いてあるなら

暮らしと科学にまつわるお話とかコラボできたら面白そう。

 

もしこの記事,無印良品の関係者の方見ていたら,

ぜひお声がけください!

 

 

こちらの記事もどうぞ 

 

*1:有料のイベントもあります。

*2:理化学研究所と株式会社編集工学研究所が選書した,科学の面白さ・深さ・広さが伝わる100冊のフェアのこと。詳細は公式WEBサイトを参照。