高校生物は「進化」が分かると本当はおもしろい!(ビタミンCを例に)

2016年に高等学校の「生物」をすべて教える機会に恵まれた。 初めて教科書を見たときには,相当難しくなった,というのが第一印象だった。 特に顕著だったのは遺伝に関する内容。 メンデルの法則は脚注に追いやられ,その代わり全面的に前に出てきたのは 分子生物学。オペロン説などの遺伝子の発現調節まで扱われるような…