雑記

【Tips】Macのテキストエディット起動時に新規ファイルを一発で開く方法

【Tips】Macのテキストエディット起動時に新規ファイルを一発で開く方法

こんにちは!uru(@uru_)です。

Macユーザーであれば、すぐ消してしまうようなちょっとしたメモやメッセージの下書きに、純正アプリ「テキストエディット」を使っている人はいるのではないでしょうか?

しかしこのテキストエディット、「ある設定」がされているとアプリを起動した際にフォルダ画面が表示され、新規ファイルを作成するためにはボタンをもう1回押さなければならないという仕様になっています。このワンモーションが、何度も重なると面倒くさくて仕方がなくなってきます。

Mac純正テキストエディット

そこで今回は、「ある設定」を解除し、テキストエディットのアプリ起動時に新規ファイルを一発で開けるようにする方法を備忘録として残します。

iCloud Driveのオプション設定を解除する

テキストエディットをアプリ起動時に新規ファイルをすぐ開く方法は、iCloud Driveのオプション設定を変更することで可能なります。設定変更に1分もかかりませんので、気になる方はすぐやってみましょう。

この記事はmacOS Bic Sur バージョン11.5.2時点で書かれており、新しいバージョンでは画面の仕様が異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

まず、[システム環境設定]から[Apple ID]を選択します。

Mac純正テキストエディット

次に、[iCloud Drive]のオプションを選択します。

Mac純正テキストエディット

[テキストエディット.app]のチェックを外します。

Mac純正テキストエディット

たったこれだけです。

この設定で、Mac純正テキストエディットはアプリ起動時に新規ファイルが立ち上がるようになります。保存時にiCloud Driveではない別のフォルダを選択する必要が出ますが、おそらくそれで困ることはないでしょう

Mac純正テキストエディット

おわりに:最初からこの設定にしてよ

いまいちiCloud Driveの初期設定の意味が私にはよく分からないのですが、たったこれだけでボタンワンプッシュの呪いから解放されるって素晴らしくないですか?

こういう小さな不満を解消し、さっさと自由になりましょう。

ABOUT ME
@uru_
日常生活と科学をむすぶ、学びのデザイナー。好きなことは旅と読書とアニメ鑑賞、その他いろいろ。リアルではあまり語らないけど、本当はガジェットやギアにはかなりのこだわりがある。当サイトも本職ではあまり語らないニッチな世界観を書き綴ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください