Learninghacker

たくさん遊んで"学ぶ"メディア

ツーバイ材で丈夫でロングな縁台をDIY!


スポンサーリンク

f:id:uru3:20180830224106j:plain

こんにちは、uru(@uru_)です。

今年の目標の1つは「住まいの環境を素敵にする!」こと。特に生活上のちょっとした不便、既製品では解決しにくい問題はDIYで解決するスキルを身に付けることも目標に含まれています。

今回作ったのは縁台(もしくは濡れ縁)。もはや死語と化している気がするのは自分だけでしょうか。言葉でピンと来ない方は、一番上の完成図をご覧あれ。

使用した材料は2x4材のみ。普通に座ることを想定した市販の縁台、2x4ほど厚い木材はあまり使われていません。

異常なまでに強度を高めた理由は「洗濯」にあります。

アホみたいに高い物干し金具への対抗処置

我が家は1階庭付きの賃貸物件です。壁に備え付けの物干し金具があり、物干し竿を通して洗濯を干します。

ところがこの物干し竿がやたら高くてものすごく不便!あまりに高くて、洗濯物が写真に写ってない!!

f:id:uru3:20180830220717j:plain

どのくらい高いかというと、身長170cm弱ある(※若干サバ読んだ)私でも背伸びしてやっとハンガーを物干し竿にかけられるくらい。

身長150cmの妻、涙目。

窓から地面までの高さもあるのでせっかく庭があってもこれじゃ窓から外に出るのも一苦労。庭付きなのに持ち腐れ状態でした。

そこで、窓の高さピッタリで、洗濯を干すとき歩いてもぐらつかない強度のある縁台が欲しかったんです。

2x4材で超丈夫な縁台をDIY!

今回使用した材料はざっと以下の通り。

  • 2x4材(ホワイトウッド) たくさん
  • 塗料(水星ステイン) 1.4L
  • ステンレスコーススレッド

2x4材はオカモク楽天市場店で購入。今回かなり木材を使ったので、あらかじめ全部カットしてもらいました。

www.rakuten.co.jp

f:id:uru3:20180830221554j:plain

上の写真のうち、手前の長い2x4材3本と2x10材は別目的で使用。それ以外の周りにある木材が縁台作成に使用した木材全てです。

まず、これらの木材をサンダーでヤスリがけします。

f:id:uru3:20180830221754j:plain

次に、長めにカットした2x4材を使って土台となる木枠を作っていきます(土台の写真は後ほど登場します)。接合に使用するのはステンレスコーススレッドです。

f:id:uru3:20180830221856j:plain

普通のユニクロメッキの場合、風雨で錆びてしまうのでちょっと高いけどステンレスのものを使用します。

枠ができたら、足を踏む部分を作っていきます。まずは木材を並べてみます。

f:id:uru3:20180830222410j:plain

雨水を逃がすために、隙間を開けて等間隔に並べます。置き方のポイントは、まず両端に板を置いた後、長さを測って中央に板をおきます。さらに端と中央の真ん中に板をおき・・・というのを繰り返していくと等間隔に綺麗に置くのは割と簡単です。

これに全て下穴を開け、その後コーススレッドをインパクトドライバーで打ち込んでいきます。

f:id:uru3:20180830222700j:plain

ちなみにこれが途方もなく苦痛な作業でした。

・・・完成した図がこちら。

f:id:uru3:20180830222731j:plain

裏はこうなっています(ようやく木枠登場)。

f:id:uru3:20180830222808j:plain

さて、これに今度は足をつけていきます。長さの違う2x4材を合体させて4x4の状態にして、枠と足をつなげていきます。

f:id:uru3:20180830222913j:plain

ただしこれだと横方向の力には弱くなってしまうので、前と後ろの柱を支える板を一枚かませてやります。

f:id:uru3:20180830223006j:plain

ひっくり返すと・・・

f:id:uru3:20180830223120j:plain

ところで、写真を見た方はすでにお気づきかもしれませんが、今回、同じ縁台を2つ同時に作成しております。したがって、これまで紹介した作業も、全て2倍になっております。

最後は塗装です。

塗装に関しても、屋外で使用することを前提に準備します。塗料にはカインズホームで売っている水性ステインを使用しました。ちなみに色はウォルナット。

f:id:uru3:20180830223321j:plain

プライベートブランドでだいぶ予算を削減しております。一応、撥水・防虫・防カビ使用となっていますが実際どの程度の耐久力なのかは、実際に使って検証して見たいと思います。

これを先ほど組み立てた濡れ縁に塗っていきます。

f:id:uru3:20180830223818j:plain

塗る前と塗った後をちょっと比較してみましょう。

まず、塗る前。

f:id:uru3:20180830223643j:plain

そして、塗った後。

f:id:uru3:20180830223704j:plain

今回は2度塗りまでしています。光の当たり加減でだいぶ印象が変わる色ですが、色はウォルナットなどで、結構渋めな方です。それでも、木目は結構はっきり出ていて綺麗です。

f:id:uru3:20180830223833j:plain

完成!

では、改めて、完成した縁台をご紹介します。何もなかった庭に・・・

f:id:uru3:20180830220717j:plain

縁台が登場!

f:id:uru3:20180830220155j:plain

・・・そして、なぜか逆に雑草がなくなっています。不思議ですね、フフフ。

光の加減で結構見え方が変わります。

f:id:uru3:20180830224106j:plain

f:id:uru3:20180830224139j:plain

塗りムラはそのうち直すとして・・・。

最も重要なのは、洗濯物が届かない問題を解決できたかどうか。

f:id:uru3:20180830224232j:plain

横から見るとよく分かりますが、今回の縁台は窓枠と高さをぴったり合わせて作っていて、高さも50cmくらい持ち上げています。

これなら洗濯物も余裕で取れますし、2つの部屋を外から行き来したり、縁台に座りながら

遊んだり別の作業をしたりすることができるようになります!

これで問題解決ですね!!!

おわりに:DIYで家の問題を解決できる!

2018年に入ってから、私のような賃貸住まいでもDIYって流行っていますよね。今や情報はいろんなところにありますので、木工は中学の技術でおしまい、という方でも比較的簡単に取りかかれますよ!

ちなみにDIYはインテリアデザインをよくするためにやる人と家の問題解決のためにやる人と、目的が人によって少し違います

私の場合は、インテリアも興味はあるけれど、主な目的はやはり家の環境に潜む問題を解決することです。

今回の情報がお役に立てば幸いです。