Learninghacker

たくさん遊んで"学ぶ"メディア

Apple WatchからMISFIT RAYへ乗換え!防水・充電不要・デザインのバランスが絶妙!!


スポンサーリンク

f:id:uru3:20170401205217j:plain

こんにちは、uru(@uru_)です。先日Apple Watchを手放しました。 

www.learninghacker.com

Apple Watchは腕時計であると同時に活動量計でもあります。その代替としてMISFIT RAYという活動量計を使ってみることにしました

MISFITのこだわりは、

  • 防水
  • 充電不要(電池の持ちが長く,充電の煩わしさがない)
  • デザイン

の3つだと公式でも表現されていますが、これに加えてRAYのシリーズは非常に軽く、画面もなく純粋に活動量計としての機能をコンパクトにまとめているところにあります。デザインもアクセサリとして美しい。グッドデザイン賞2016の受賞でもその部分が高く評価されているようです。

というわけで、今回はMISFIT RAYの購入レビューとその使用感について紹介します。

MISFIT RAY、開封の儀!

今回私が購入してみたのはMISFIT RAYのカーボンブラック。ブラックスポーツバンドを選んでみました。色やバンドで価格は変わるものの、10000円と少しで購入できることからも、他のウェアラブル端末よりも手軽に購入しやすいです。

f:id:uru3:20170401205209j:plain

パッケージは英語、日本語、ハングル語で書かれています。

f:id:uru3:20170401205210j:plain

MISFIT RAY本体には画面がついていません。計量結果はアプリにBluetoothで送信される仕組みになっています。

f:id:uru3:20170401205211j:plain

ちなみに、MISFIT RAYが計測できるのは「歩数」「消費カロリー」「移動距離」「睡眠の長さ」。

Apple Watchから乗り換えた最大の理由は「消費カロリー」と「睡眠の長さ」。Apple Watchは「腕時計」という機能もあるので睡眠やファッションという観点から24時間常に装着し続けるのはむしろ難しいです。けれどそれでは「消費カロリー」の計測に穴が空いてしまいます。

また、個人的課題として「睡眠の長さ」が健康状態に与える影響が大きく、そこらへんを定量的かつ継続的に計測し、生活の改善に生かしたいと思ったのです。

なおMISFIT RAYは防水なので、水泳や風呂の中でも使えます。風呂はさすがに外してますけどね。

f:id:uru3:20170401205212j:plain

話は戻ってMISFIT RAYの箱を開いてみましょう。

f:id:uru3:20170401205213j:plain

中を開けると、バンド、説明書の他に、小さなボタン電池が3つ入っています。この電池が3ヶ月ほど持つらしく、充電の手間がないのが最大の利点です。

f:id:uru3:20170401205214j:plain

これを本体に装着してみましょう。

f:id:uru3:20170401205215j:plain

今回購入したカーボンブラックはかなり濃いグレーに近い色をしていて、写真とは違い、実際はあまり光沢もなくそれほど目立たないデザインです。

f:id:uru3:20170401205217j:plain

まず説明書を見てバンドを解いてみます。

f:id:uru3:20170401205216j:plain

次に本体をひねってバンドを外してみます。

f:id:uru3:20170401205218j:plain

説明書では、この後本体に電池を直列に入れ、バンドを締めることで装着完了!

f:id:uru3:20170401205221j:plain

f:id:uru3:20170401205222j:plain

f:id:uru3:20170401205219j:plain

これで本体の準備は完了! この記事ではアプリによる接続の仕方は省略させてもらいますが、おそらくインストールして初見でも十分簡単に接続できるでしょう。

f:id:uru3:20170401205220j:plain

ちなみにMISFIT RAYには画面こそないですが、LEDの光とバイブレーションで電話やメッセージの着信などは受け取ることができます。この辺は好みで変更も可能です。

1ヶ月ほど装着してみた。慣れると着けていることを忘れるレベル

購入してとりあえず1ヶ月ほど使ってみましたが「装着感」という点ではやや工夫が必要かもしれません。

f:id:uru3:20170401205223j:plain

まず、上の写真では手の甲側にMISFIT RAYを装着していますが、最終的に私は手のひら側に本体を向けることで落ち着きました。感じとしては、女子は腕時計を手首側に着けているのと同じです。

なぜそうなったかというと、

まず、装着感はApple Watchとは比較になりません。MISFIT RAYが悪いのではなく,Apple Watchが良すぎるといったほうが的を射た表現でしょう。

MISFIT RAY本体は単三電池が若干短いような形状をしており、本体が8gと非常に軽いとはいっても、形状的に丸い縁が手首に食い込みこれが最初痛かったです。

もう1つ難点なのは、腕時計を隣に装着する時。MISFIT RAYと腕時計が接触し、傷つけ合ってしまいます。 

時刻を見るときの習慣上、腕時計の装着の仕方を変えるのもアレだったので、MISFIT RAYを180度回転させ、手首側につけてみました。するとこれが個人的にものすごく違和感がなく、それ以降腕の痛みを感じることもなくなりました。

今現在は、風呂以外は文字どおり24時間装着しており、「消費カロリー」と「睡眠の長さ」を計測し続けています。

毎日毎日充電していたApple Watchのことを考えると、本当にずっと装着しているだけでいいというのは、ものすごく良い! これだけでも十分人に勧めたくなるデバイスですが、つけていると電子デバイスであることすら忘れがちになります。デザインがいいので、良い意味で電子デバイスっぽくなく単なるアクセサリーとして使えます。

おわりに:生活改善に客観的にデータを参照するのもアリ!

Apple Watchにしろ、MISFIT RAYにしろ、自分の生活を客観的に振り返るために、ウェアラブル端末を使って自分自身を計測してみるというのは結構アリな選択です。

もしApple Watchの購入に何らかの理由でためらいがあったり、ただ活動量計として初めてデバイスの購入を検討しているのなら、MISFIT RAYという選択肢はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?