静岡・三島駅近辺「食事処 みしまや」あなご天丼を食す!旨味とボリュームのバランスが絶妙!!【三島の旅#3】

静岡・三島駅近辺「食事処 みしまや」あなご天丼を食す!旨味とボリュームのバランスが絶妙!!【三島の旅#3】

こんにちは、uru(@uru_)です。前回、前々回と三島スカイウォークについて紹介しました。今回はその続きです。

www.learninghacker.com

車でJR三島駅に着いたところで昼食を食べることに。そこで「あなご天丼がうまい!」と噂を耳にしていた「食事処 みしまや」に入ってみました。

ちなみに私、火の通った魚料理はあんまり好きな方じゃなく、特にお寿司のあなごは滅多に食べません。

滅多に食べないけれど,、噂になる程の料理とあらば、実際に自分の口で食べて確認してみたくなるのが人の性。

食べず嫌いするもんじゃない、というのが食べた後につくづく思ったこと。いや、噂になる理由がよくわかりました

三島駅近くの「食事処 みしまや」へGO!

「食事処 みしまや」はJR三島駅南口から徒歩5分とかからない場所にあるちょっと小さな定食屋さん。

f:id:uru3:20170716114333j:plain

普段どの程度混んでいるのか分かりませんが、私が行った休日の13時過ぎには他のお客さんは食べ終わっているころでちょうど入れ替わったところで結構空いていました。

このみしまやさんにはもちろん普通の天丼(1480円)もあるのですが、プラス20円で食べられるあなご天丼(1500円)が有名。(※価格は2017年7月時点)

お店のおばちゃんもあなご天丼を勧めてくれました。

とはいっても、私ほんとはそんなにあなご、好きじゃない。

好きじゃないけと、こまできたら食べないわけにはいかないと、好奇心なのかブロガー魂なのか区別のつかない動機から注文してみることにしました。

ものすごいボリュームのあなご天丼,現るっ!

注文してしばらくすると、あなご天丼が登場!

f:id:uru3:20170716115321j:image

まず、ボリュームがすごい!1500円とは思えない量が出てきました。味噌汁、漬物、冷奴もついてます。

そしてメインのあなご天丼がこちら。

f:id:uru3:20170716115341j:image

あなご天丼なのに、脇役のアスパラガスが一番自己主張が激しい。ミサイルでも発車するんじゃないかって角度でそびえ立ってます。 あなご以外は野菜の天ぷらで、かぼちゃ、なす、舞茸などの天ぷらが添えられています。

で、肝心のあなごはどこにあるかというと・・

f:id:uru3:20170716115422j:image

ありました!(といっても写真ではよく分からないけど)開きになったあなごの天ぷらがどどーんと2枚!これもかなりでかいです。

そして肝心のお味はというと、あなごの身はフワッフワ、味は淡白でさっぱりしています。

f:id:uru3:20170716115402j:plain

これだけボリュームのある天ぷらで、タレもしっかりかかっていると、かえって味のさっぱりしたあなごが天ぷら全体の引き立て役になっている感じです。あなごが苦手な私でも、躊躇なく食べることができました。

これはあなごのイメージ変わるわ・・・

おわりに:三島駅に行ったら食べるしかないでしょ!

ものすごいボリュームがあるので、女性や子供が1人で食べるのにはかなり無理があるので注意が必要です。男性でも(私のように)食の細い人だと結構大変です。

大変ですが、食べ応えもあり、

あなごや野菜の素材を活かした天ぷらを楽しめることができ、そしてリーズナブル。あなご天丼は噂になるだけのことはありました。

静岡・三島駅に行ったら、ぜひ行ってみて!

(続く)

www.learninghacker.com

ABOUT ME
@uru_
@uru_
日常生活と科学をむすぶ、学びのデザイナー。教育/科学/趣味について発信します。■お仕事:科学館の企画・広報←小中高の理科教員 ■関心:科学教育/理科教育/学習科学 ■趣味:バイク(レブル250)/キャンプ/DIY。旅と読書と富士山、新しいモノゴトが好き。アニメから染まりやすい人。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください