Learninghacker

そのへんに転がっている"学び"をつかみ取るメディア

駒場東大前駅「つけめん駒鉄」を食す。良い意味で見た目を裏切るあっさり味


スポンサーリンク

f:id:uru3:20180810223451j:plain

こんにちは、uru(@uru_)です。ここしばらく忙殺され、殺伐と日々を過ごしていました。

そんなとき無性に食べたくなるのがつけ麺。ラーメン以上にいろんな種類があり、ラーメン以上に博打要素の強いつけ麺。

先日ある場所で食べたつけ麺が実は地雷だったこともありあっさりしつつも腰の強いつけ麺が食べたいなぁとうっすら思っていた頃でした。

そんなときふらっと立ち寄ったのか、つけ麺駒鉄でした。

最高学府の飢えた腹を満たすつけ麺、駒鉄。

飢えているかどうかは知りませんが、つけ麺駒鉄は京王井の頭線の駒場東大前駅のすぐ近くにあるお店。誰でも一度はどこかで見たことのある、あの東京大学の安田講堂の近くでもあります。

f:id:uru3:20180810223820j:plain

仕事で何度か東大に行った際、気になっていた店だったため、先日ついに入ってみた、というわけです、

注文したのは普通のつけ麺。780円で麺の量は小盛りから大盛りまで選べるようになっています。私は食が欲しいので、まぁ中盛りで。

f:id:uru3:20180810223451j:plain

見た目はとてもシンプル。 魚介スープの中に豚と鶏の混じったスープ。付け足し用の魚介スープを混ぜるとまろやかさが結構変わります。

f:id:uru3:20180810224151j:plain

ドロッと系の見た目とは裏腹に、実はあっさり系のスープ。そして、今回一番興味深いと思ったのが麺。

f:id:uru3:20180810224332j:plain

つけ麺って太麺が多い印象がありますが、駒鉄の麺はやや細め。にも関わらず、コシはかなり強い方で、思わずびっくりしました。 

やや細麺なのであっさりスープがしっかりと麺とからみ、噛むと魚介と豚と鶏がいい塩梅で麺のコシを支える構図。なんだかすごくシンプルで素朴なのに、愛情を感じさせるつけ麺でした。

おわりに:大学の周りは気になるお店がいっぱい!

つけめん駒鉄、興味深いつけ麺でした。

ぜひまた食べたい・・・と言いたいところですが、東大周辺はカフェやレストランなど、グルメスポットも割と集中しているエリアなので一つひとつ美味を探すだけでもかなり楽しめそうな場所です。

でもつけ麺が食べたくなったら、ぜひ行ってみてくださいね!