Learninghacker

そのへんに転がっている"学び"をつかみ取るメディア

LEDテープライトでテレビ裏側に間接照明をつけるだけで、部屋が大人の雰囲気に変わる。


スポンサーリンク

f:id:uru3:20180625220222j:plain

大人の雰囲気って・・・(笑

自分でタイトルつけておいて思わずつっこむuru(@uru_)です。つっこむ理由は、テレビの裏側がどうなっているかを知っているから。でも間接照明を入れるだけで、不思議なくらい部屋の雰囲気って変わるものなので、試しにやってみた自分もびっくり!

これ、安価なLEDテープ使うだけで、めちゃくちゃ簡単に作れるんです。

LEDテープでテレビの裏側に間接照明をつけてみた。

今回テレビの裏側につけた間接照明は、楽天市場で1000円ちょっとで購入可能なLEDテープライトを使っています。

Amazonや楽天市場で結構人気があるみたい。このLEDテープライトの面白いところは、電源をUSBでとるところ。最近の薄型テレビなら大体ついてるUSB端子から電源供給できるので、別途コンセントに繋げる必要がありません。

USBから途中でそれぞれ50cmのLEDテープライトに分かれるので、テレビ裏の上下または左右に設置することで間接照明があっという間に完成します。

私は左右に設置してみることに。テープは切って短くすることもできますが、私はそのまま貼り付けただけです。

f:id:uru3:20180625221659j:plain

ちなみにこのLEDテープには3Mの両面テープが予め貼られています。ただ、いつかテレビを処分する際に両面テープの痕が残るのはちょっと嫌だったので、マスキングテープでざっくりと固定するだけにしました。

f:id:uru3:20180625221726j:plain

ライトの色や明るさは赤外線リモコンで調整可能。実はテレビの下から赤外線のアンテナをこっそり外に出しています。学習リモコンとスマートスピーカーを組み合わせれば声だけで操作することも可能です。

色も色々選べるみたいで、時間経過とともに変化させることもできます。私は電球色に近い落ち着いた色にしたかったので、それに一番近いオレンジ色の色にしました。

f:id:uru3:20180625221951j:plain

別の角度から見るとこんな感じ。

f:id:uru3:20180625222010j:plain

ちなみに、これはうちのテレビだけかもしれませんが、テレビが消えた状態になると、USBから電源供給されないせいか、しばらくすると勝手に明かりが消えます。そして、またテレビをつけてしばらく待つとライトもつきます。 

つまり端的に言えば、最初にリモコンでONにしとけば、あとはテレビと勝手に連動します。特別な操作がいらないよ、という人にとっても痒いところに手が届きます。

おわりに:ライフスタイルを改善したくなった

こんなに簡単にできるんだったら、もっと早く間接照明を取り入れればよかったなぁ、と正直コレを作って思いました。

では、なぜ急に間接照明を取り入れようと思ったのか。

きっかけは、引越しです。

先月書いたブログの最後の方で、突然引越しを発表し、1ヶ月ほどブログも書かずに引越しと荷物の紐解き、整理に追われていました。

www.learninghacker.com

これまで私は仕事や学業の理由もあって短期間で引越しを繰り返してきましたが、家の外で忙殺する毎日が続き、1年を2番目に多く過ごす家の環境を二の次にしてきました。

引越しを繰り返すうちに、自分の持ち物や家具はどんどん精選されましたが、結果どうなるかというと、なんだか味気ない感じになってしまったんです。

今回の引越しで「このままではアカン!」「家の気になるインテリアをちょっとずつ改善しよう!」と思った次第です。 

テレビ裏の間接照明も、ほんのちょっとの投資と工夫で室内環境が良くなるものですね。今後もインテリアを工夫することでライフスタイルの改善を続けようと思います。