Blog

はてなブログProからWordPress(ConoHa)への移行で参考にしたページと留意点

はてなブログProからWordPress(ConoHa)への移行で参考したページと留意点

こんにちは、uru(@uru_)です。最近、はてなブログProの契約期間が切れるタイミングを機に、WordPress(ワードプレス)へ引っ越ししました。

はてなブログProはシンプルで使いやすかったけれど、WordPressのカスタマイズ性に憧れて、心機一転デザインも新しくすることにしたのです。

が。

移行作業、大変です(※これを書いている時点でまだ終わっていません)

今回ははてなブログProからWordPress(ConoHa)へ移行した際に参考にしたページと留意点を紹介します。同じ苦労をする人が一人でも減りますように・・・。

はてなブログProからWordPress(ConoHa)への移行で参考したページ

前提条件

まず、私の場合のWordPressへの移行の条件を整理します。なお、無料版のはてなブログでは使えません(一旦有料のProになればできますが・・・)。

移行元はてなブログPro
移行先WordPress
移行先サーバーConoHa WING
独自ドメインお名前.com
はてなのパーマリンク設定標準設定 (日付準拠)
吹き出しや表をカンタンに作れるのがWordPressの良いところ!

いちばん最後のパーマリンク設定が最もくせ者なので要注意です。

参考にしたサイト2選

メインとして参考にしたのはhitodeblogさんの「はてなブログからワードプレスへ移行する全手順!画像を使って解説!」。

はてなブログPro、ConoHa WING(サーバー)、お名前.com(独自ドメイン)といった条件が同じです。手順がとてもわかりやすく書かれていますので、基本的にはこちらの流れで作業を進めると良いでしょう。

ただし、下記について留意すると、作業はもっと楽になります。もうひとつお勧めする、働くパパンツさんの「超初心者向け!はてなブログからワードプレスへの簡単移行手順解説(conoHaWING使用)」を時々引用しますので、両方のページを開いた状態で次をお読みください。

はてなブログProからWordPress(ConoHa)への移行の際の留意点

はてなブログからデータをエクスポートしたファイルを修正する

はてなブログProからエクスポートして手に入れたtxtファイルをあらかじめ加工しておくとすごく楽になります。

一つ目は、見出しタグの修正

はてなブログの見出しタグはh2タグがなぜか存在せず、h3タグから始まります。なのでtxtファイルをメモ帳などのテキストエディタであらかじめ置換しておきます。

置換方法は下記の通り。下記の順番で文字列を置換するだけなので、すぐ終わります。

順番置換後置換後
1<h3<h2
2</h3></h2>
3<h4<h3
4</h4></h3>
5<h5<h4
6</h5></h4>

次に修正したいのは「続きを読む」と「目次」

「続きを読む」はエクスポートしたファイルには次のように記述されています。

—–
EXTENDED BODY:

これをそのままWordPressに入れてしまうと、ページがうまく開かない場合があるのであらかじめ削除してしまうことをお勧めします。

目次はulタグ(リストタグ)で構成されています。WordPressではプラグイン「Rich Table of Contents」で目次を作成できるので不要になります。これは一つひとつ手動で消すしかないのでかなり面倒ですが、このタイミングで始末してしまうと良いでしょう。

サーバーの契約プランはWINGパックでもOK

hotateblogさんではConoHaサーバーの「通常料金を選択」と書いてありますが、ここはWINGパックでも問題ありません。

独自ドメインをお名前.comで運用し続ける場合は不要ですが、ConoHaサーバーは独自ドメインを1つ無料で運用できるところが最大のメリットです。私の場合は、お名前.comの独自ドメイン更新が近かったので、先にブログを引っ越した後で、独自ドメインもConoHaに移行するつもりです。同じ条件の方はWINGパックにしておいても問題ありません。

パーマリンク設定の地獄の修正作業が待っている

hotateblogさんの記事はとても参考になりますが、1点注意なのが、パーマリンク設定について。

はてなブログのパーマリンク設定が標準設定(日付準拠)の場合、hotateblogさんはテスト用のWordPressのパーマリンク設定を下記のようにすることを勧めています。このようにすることで、はてなブログのURLと同じ「/ (スラッシュ)」で区切られたURLを作ることができると書いてあります。

/entry/%year%/%monthnum%/%day%/%hour%%minute%%second%

しかし、私はこれをお勧めしません。この設定にすると、WordPressではテーマの種類によっては記事ページが表示できなくなる場合があります

ここでぜひ読んで欲しいのが、私と同じくパーマリンク設定に苦労された働くパパンツさんの記述。コードを下記の通りにしておきます。

/entry/%postname%

さらに、プラグイン「Custom Permalinks」をインストールします。

このプラグインを使うことで記事の編集ページで各記事のパーマリンクを書き直したり修正したりすることができます。

この設定にすると、はてなブログの記事をWordPressにインポートした際、URLの「/ (スラッシュ)」が「- (ハイフン)」に変わってしまうため、元の記事のURLアドレスを引き継げません。

これを全て修正します。

・・・全てですよ?(大事なのでry

クソしんどい作業になりますが、記事が開けない問題はこれで解決できます。私の場合は移行記事が300記事あるので、とても大変です(現在進行形)。

お名前.comのドメイン情報をConoHaに変更する作業でも一手間加える

もう一度hitodeblogさんに戻って作業を進めます。

最後にもうひとつ面倒な作業が、テストを終えて本サイトを立ち上げた時のドメイン設定の変更です。こちらもhitodeblogさんの紹介より、少し作業を加えておくとよりスムーズに進みます。

まず、ネームサーバーの変更です。ネームサーバーは下記の2つのみでOKです。hitodeblogさんは3つめを挙げていますが不要です。

  • ネームサーバー1 ns-a1.conoha.io
  • ネームサーバー2 ns-a2.conoha.io

その代わり、もう一手間加えます。ネームサーバーだけでなく、DNS設定も変更します

ConoHaのDNS設定は、ConoHaコントロールパネルの[DSN]からドメインリストを開くと表示されます。複数書かれているうち、タイプAの「www」に書かれている値を使います。

次に、お名前.comにログインし、ドメインNaviのメニューバーから[DNS]-[ドメインのDNS関連機能設定]から今回移行したい対象ドメインを選びます。さらに「DNSレコードを利用する」を選択して、ConoHaのDNS設定を追加します。

さらにこの際、はてなブログを使用する際に入れた設定があるので、合わせて削除しておきます。タイプCNAMEで、値に「hatenablog.com」と書かれているので、すぐ見つかるはずです。

おわりに:面倒ならば代行を使うという手もあるけれど

今回ご紹介した方法、このうちパーマリンク設定が最もしんどいです。はてなブログで最初からカスタム構造にしていれば関係ないのですが、私は日付準拠にしていたので、移行してから修正するという地味で不毛な作業を選びました。

パーマリンクを変更する際は、アクセス数の多い記事を優先させると良いでしょう。ついでにアイキャッチ画像も再設定して地道にやっていきましょう。

ちなみにWordPressの移行には代行業が存在します。もう本当に時間がなくて誰かに頼んでしまいたい人は丸投げも良いでしょう。

ただ、この記事を読んでいる方はきっと、自分でWordPressを覚えていきたい方なのではないでしょうか? 手を動かすことで学ぶことも結構多いですよ?

選ぶのはあなた次第。良きブログになることを心よりお祈りします。

ABOUT ME
@uru_
@uru_
日常生活と科学をむすぶ、学びのデザイナー。教育/科学/趣味について発信します。■お仕事:科学館の企画・広報←小中高の理科教員 ■関心:科学教育/理科教育/学習科学 ■趣味:バイク(レブル250)/キャンプ/DIY。旅と読書と富士山、新しいモノゴトが好き。アニメから染まりやすい人。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください