ガジェットレビュー

「バッグの中で大事な本に傷が!」問題を解決するブックカバー【地味に便利】

「バッグの中で大事な本に傷が!」問題を解決するブックカバー【地味に便利】

こんにちは!uru(@uru_)です。

私、本が好きなので、バックパックの中に必ず1冊は本を忍ばせているのですが、気がつくとカバンの中で本のページが折れたりカバーが破けたりすること、ありませんか? アレ、結構ショックですよね。

なんとか解決したいとずっと考えたところ、すごく良いものを見つけました。それが今回紹介するCUBIX(キュービックス)ラウンドジップ」というブックカバー。シンプルな作りですが、本の持ち運び傷問題を解決してくれる、なかなかの優れものです!

もっと早く出会いたかった・・・(涙

CUBIXラウンドジップとは?

概要

エムプランというブランドが出しているCUBIXラウンドジップ。一言で言うと手提げバッグのようなブックカバーです。

サイズはA5判、四六判サイズ、文庫サイズ、新書判サイズの計4種、カラーはブラック、ネイビー、カーキの3種類と落ち着いた色が揃っています。写真のカバーは一番大きいA5判のブラックです。1つ1000円未満で購入できます。

外見

写真写りで若干青に見えますが、肉眼で見るブラックは文字通りクロです。表面にはちょこっとロゴが入っているところか可愛いです。ナイロンの生地でできているため、かなりしっかりとした作りになっています。

ちなみに裏には特に何も印字されていません。

ファスナーが上から下へぐるりと囲っていて、見た目はブックカバーというより手提げカバンです。

内装

内装のカラーはネイビーです。他のカラーの内装もネイビーなのでしょうか?一応しおり代わりの紐がついています。

両サイドには本の表示を入れるポケットがあり、通常のブックカバーと同じく本を包んで入れます。

あと、右側にはもう一つ小さなポケットがついています。私はよくポストイットを使いながら本を読むので、小物もセットで入れられるのが嬉しいです。

ブックカバーというよりブックバッグインバッグ

見てわかる通り、ブックカバーというよりはブックバックと呼んだ方が正しいんじゃないかという頑丈な作りをしています。正直にいうと、ブックカバーとして使うには本に対してあまりに大きすぎるためお勧めできません。しかし、バックパックやトートバックといった、カバンの中に本をしまう際にはこの丈夫な作りが本を守ってくれます

私はバックの中に本を入れるときだけ使い、読むときには外しています

本を守ってくれるけど、少し惜しいところも・・・

このCUMIXラウンドジップを使い始めてから、バッグの中で本のページが折れたり破けたりといったことがぴたりとなくなりました。それだけでも十分と言えば十分なのですが、強いていうなら「もっとこうなるといいな〜」と思う面もあります。

具体的には、

  • しおりの紐をもう少し長くしてほしい
  • 外装のカラーバリエーションを増やしてほしい
  • 外装の同色でも、例えばタグをつけたりして区別できるようにしてほしい
  • ペンホルダーやもう少し大きいメモ帳も入れられるようなポケットがほしい

・・・などなど。

とりあえず列挙してみると、私の要求は手帳カバーのそれに近いですね。機能以上にカバーそれ自体のオリジナリティがあるともっと世に知られるんじゃないかなと思いました。

おわりに:もうバッグ内で本を傷めない

最後は色々注文をつけてしまいましたが、それを差し引いても、バッグの中で本が傷ついてしまうという問題を解決してくれるという意味では、今のところCUBIX以上の方法はまだ見つけていません。

コスパ最強なので、ぜひお試しあれ!

ABOUT ME
@uru_
日常生活と科学をむすぶ、学びのデザイナー。好きなことは旅と読書とアニメ鑑賞、その他いろいろ。リアルではあまり語らないけど、本当はガジェットやギアにはかなりのこだわりがある。当サイトも本職ではあまり語らないニッチな世界観を書き綴ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください