Learninghacker

そのへんに転がっている"学び"をつかみ取るメディア

ツーバイ材とラブリコのアジャスターでハンガーラックをDIY!


スポンサーリンク

f:id:uru3:20181008215621j:plain

こんにちは、uru(@uru_)です。

2018年からDIYをはじめました。家の中にあるちょっとした課題を自分の手で問題解決していくのはとても面白いですよ!

今回作成したのはハンガーラック。賃貸の我が家の収納は容積が乏しい、というのもありますが、とりあえずよく着る服をすぐに取り出せるちょうどいいサイズのハンガーラックが欲しかったんです。

完成図は最初の画像の通り。今回はこのツーバイ材を使ったハンガーラックの作り方を紹介します。

ワトコオイルとツーバイ材でハンガーラックの素材を作る

使うものはざっと以下の通り。

  • 2x4材(柱)
  • 1x10材(棚板)
  • ステンレスパイプ
  • 棚受け金具
  • ラブリコのアジャスター

木材の一部やステンレスパイプはホームセンターで事前にカットしてもらいました。

www.learninghacker.com

頻度が少ない作業は依頼することで余計な道具代のコストを抑えられるので、とてもオススメです。あと確実な仕上がりですし。

木材については、前回作った縁台の際に一緒に購入したものです。

www.learninghacker.com

f:id:uru3:20181008220346j:plain

真ん中の3本の2x4材が柱に、そして左の1x10材がハンガーラック兼棚になる板です。

f:id:uru3:20181008220628j:plain

まずこれをワトコオイルで塗っていきます。

f:id:uru3:20181008220736j:plain

塗り終わるとこんな感じ。

f:id:uru3:20181008220846j:plain

最初は濃いめですが、24時間の乾燥後は落ち着いた色になります。

f:id:uru3:20181008220913j:plain

さらに1ヶ月ほどすると色が深みを増すのがワトコオイルの面白いところです。

ラブリコのアジャスターで柱を作る

色味のついたツーバイ材をいよいよ壁に設置していきます。

我が家は賃貸なので、壁には穴を開けることができません。そこで使用するのが、ラブリコのアジャスターです。

f:id:uru3:20181008221132j:plain

2x4材にぴったりはめて・・・

f:id:uru3:20181008221347j:plain

床と天井で突っ張らせます。このとき水平器でしっかり垂直になるようにしておきます。

f:id:uru3:20181008221413j:plain

棚受け金具とステンレスパイプを固定する

最後に、棚受け金具とステンレスパイプを固定していきます。これらもホームセンターであらかじめ購入しておきました。

f:id:uru3:20181008221913j:plain

この柱に棚受け金具を取り付けます。棚板をつける位置を大まかに決めたのち、水平器で棚板が水平になる位置をしっかりと決めます。

f:id:uru3:20181008221558j:plain

このとき、マスキングテープなどで印をつけておくと、あとで綺麗に撮れるので楽です。位置が決まったら、棚受け金具をドライバーで取り付けていきます。

f:id:uru3:20181008221709j:plain

そして、棚受け金具に棚板を乗せて、さらに固定します。

f:id:uru3:20181008221749j:plain

この棚板にステンレスパイプを固定したら、ハンガーラックの完成です!

f:id:uru3:20181008222025j:plain

しかしここでちょっとミスが・・・。棚受け金具のサイズをちゃんと考えていなかったので、ステンレスパイプの固定具の位置が微妙にはみ出してしまいました。

f:id:uru3:20181008222124j:plain

でもまぁ・・・気づかれないだろうと思ってそのままにすることに。

あとは服をかけて、観葉植物を並べて、見た目を美しくしました。

f:id:uru3:20181008222258j:plain

後日談:衣装ケースの上に天板を乗せる

ハンガーラック自体はこれで完成なのですが、後日少し改良を加えました。

写真の通り、作った当初はハンガーラックの下には、無印良品の衣装ケースがありバッグがそのままドーンと乗っかっている状態でした。でもこれがなんかみすぼらしい。

そこで衣装ケースにワンバイ材のダボ繋ぎで作った、天板をのせることにしました。

f:id:uru3:20181008215621j:plain

衣装ケースへの過重負荷も軽減し、インテリアとしても統一感が出てきました!

おわりに:案ずるより産むが易し!DIYはやって覚えるもの

ハンガーラックを作るあたり、写真にはあまり合われませんが、一番時間をかけたのは、設計の部分でした。どのくらいの横幅にするか、ハンガーの高さはどうするか、棚板の大きさはどのくらいにするか、などなど、考えなければならない項目は多いです。

しかしそれを突破し、材料を不慣れながらも集めていく中で、材料や道具のことを少しずつ学んでいけます

DIYは少しずつやれば怖くない。自分でもできるものなんだと、徐々に自信がついてきます。

そういう意味では、今回のハンガーラック製作は賃貸でも、初心者でも比較的簡単にできるものです。興味のある方は、とりあえず作ってみることをおすすめします!