読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)がついに開始!使う前に確認したい2つのこと。


f:id:uru3:20160803061820j:plain

ついに出た!Kindle Unlimited!(キンドルアンリミテッド)

月額980円で12万冊以上の本が読めるそうな。

読書好きにとってはお財布事情を助ける救世主となるかもしれない。

(参照:Amazon.co.jp: Kindle Unlimited - 本、コミック、雑誌が読み放題。

 

ただし,12万冊という冊数があっても

自分の読みたい本がなければ意味がない。

 

そこで今回は,まずKindle Unlimitedを使う前に

確認しておきたい事項をあげておく。

 

登録画面が超シンプル。情報が少ない。

写真にもあるように,Amazon公式ページでは30日の無料体験ができるという

ことしか書かれておらず,具体的にどんな本があるのかさっぱりわからない。

試しに登録してみると,最初におすすめタイトルが表示されており

これを見る限りでは期待できそうな気もするが・・・。 

f:id:uru3:20160803064136j:plain

とりあえず使ってみないと分からない点も多いが

現在報道されている情報を整理すると,以下の点に注意すると良いだろう,

 

Kndle Unlimited会員の自動更新は少し注意!

まず,登録画面にちっちゃく書かれていることだが,

30日無料体験を受ける際には,

  • 登録されているクレジットカードに月額料金を請求することに同意したとみなす
  • 会員登録は自動的に更新される

という点は注意が必要。

自動更新をやめたい場合は,アカウント設定を自分で変更する必要がある。

 

端末制限はないが,登録できるのは最大10冊まで。

Kindle Unlimitedは端末に制限がないので,

Kindle端末のプライム月1冊無料購読のサービスとは異なる。

 

ただし,端末に登録できる最大冊数は10冊まで。

11冊目を読みたい場合には,1冊削除する必要があるらしい。

 

和書は12万冊,洋書は120万冊。

やはり洋書の方が多い。和書12万冊が多いのか少ないのかは一概に言えない。

国内では現在70〜80万冊が流通しているらしいので,

全体の1/7は読めるということらしい。

 

さらに12万冊の内訳をみると,

小説1.6万冊,ビジネス書8000冊,実用書8万冊,コミックス3万冊,

さらに雑誌240タイトルのバックナンバーを含む2000冊らしい。

新刊本は期待してはいけない。

 

実用書8万冊に対し,小説1.6万冊はやや少ない感じがする。

(やはり著者の印税や著作権問題があるのだろう)

一方,コミックス8万冊は注目に値する。

月額980円であることを考えると,

漫画が好きならインターネットカフェに行く必要がなくなるかもしれない。

 

おわりに:いくつか気になる機能は体験して確認する必要あり。

今回揃っている書籍の出版社は

講談社、小学館、秋田書店、文藝春秋、新潮社などあるらしく

それなりに揃っているような印象を受ける。

 

ただし,登録10冊制限など,どのように使うのか分からない点は多いので

今後実際に使ってみてチェックする必要があるだろう。

 

例えば私が気になるのは,

Kindle Unlimitedで読んだ本の履歴はどのように残るのか?という点。

登録11冊目を読むために1冊削除した場合,

履歴まで消えてしまうのは不便に感じる。

 

しかしこのサービス,とても気になるので

とりあえず今年の夏休みは読書三昧も良いかもしれない!

まずは10冊読んでみようと思う。

 

つづきもどうぞ

こちらの記事もどうぞ