読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

無料の学校図書館用蔵書管理システム「Win書庫V4」による図書データベース構築を思案する。


f:id:uru3:20160921230600j:plain

たまには仕事に関係する話を書いてみようと思う。

 

本来私は高校の理科教員であって理科教育を専門としているわけだが,

どういう因果か,今年は学校図書館(図書室)を

たった一人で任されている。学校司書はいない。

 

あとで分かったことだが,

司書教諭の資格があり,学校図書館業務について一番詳しいのも私だったためである。

一人での担当は小規模校の校務分掌では珍しいことではないが,

なんとなく今年は(も)器用貧乏しているような気がしてならない。

 

さて,学校図書館を任されたからには

読書活動の推進はもちろん,学校図書館の学習環境をデザインしたり

情報活用の促進を促していく必要がある。

 

しかし勤務校にはある意味図書館にとって最も重要なものが欠けていた。

それが学校図書館用蔵書管理システムである。

何千何万の冊数をアナログで管理するのは無謀に等しく,

蔵書管理ができなければ,学校図書館としての機能を促進するどころか

維持するのさえ危うい。

 

なぜそのような状況に陥っていたかといえば,それは小規模校故に良くある

典型的な落とし穴にハマっていたからである。

第一に,担当者が安定せず,定期的にコロコロ変わっていたため

問題意識が共有されていなかったこと。

第二に,その担当者である司書教諭が図書館情報やその処理についての

理解が十分でなかったことである。

その理由の一端には,コンピュータに対してあまり知識のない

国語科教員が司書教諭として配置されることも原因にある。

このような悩みを抱えている学校は全国でも少なくないだろう。

 

そこで今回は,そのような学校図書館が抱える問題について触れた上で

これから図書データベースを構築するにあたって導入を考えている

無料の学校図書館用蔵書管理システム「Win書庫V4」について紹介する。

 

※具体的なシステムの構築については以下の記事に記した。

 

学校図書館(図書室)の現状

司書教諭と学校司書の実態

先述したように,勤務校の司書教諭は(一応)私が担当している。

実は他にも資格を持っている教員はいるのだが,

少なくとも校務分掌として図書室を任されているのは一人しかいない。

なので,基本的には学校司書が担う仕事も全部やらなければならない。

 

司書教諭とは,学校図書館法第5条に示されている

学校図書館の専門的職務を掌る「教諭」のことであり,

講習で指定された10単位を修了すればその資格を得る。

(ちなみに理科教員で司書教諭を持っているのは大変珍しいらしい)

 

ちなみにこの司書教諭の配置だが,

学校図書館法附則第2項に司書教諭の設置の特例というものがあり,

結論から言えば11学級以下の学校では

「当分の間」司書教諭を置かなくても良いことになっている。

当分の間がいつまでなのかは定かではない。

 

それもあって,文部科学省(2015)『平成26年度「学校図書館の現状に関する調査」の結果について(概要)』によれば,

司書教諭の発令状況は,小中高の順に66.2%,62.6%,81.4% となっている。

小中の割合が低いのは,小規模校が多いためである。

 

一方,平成27年の改正で学校図書館法第6条にやっと明記された学校司書は

学校図書館の専門的職務を掌る「職員」のことである。

その設置状況は,小中高の順に54.4%,53.1%,64.4%である。

司書教諭よりも設置状況が低いのは,学校司書の設置が「努力義務」であって

「設置義務」ではないところにある。

ただしこの数値には無償ボランティアは含まれていないため,

小中学校では学校図書館業務を行う人員の実質的な数値は

もう少し高くなると考えられる。

 

学校図書館の管理・運営にはかなり専門的な知識が必要だが,

そのことは世間はおろか,学校の中でも必ずしも認知されているとは言えない。

それもあって,学校図書館を管理する人員はとても限られており,

小規模校であるほどその悪影響は大きくなる傾向にある。

おまけに司書教諭で専任というのはさらに貴重な存在である。

大半の司書教諭は私のように教科指導も持っている。

 

人員が少ない場合,何を頼るかといえば,機械に頼るしかない。

特に蔵書管理をアナログでやるというのは無謀に近しいわけだが,

蔵書のデータベース化の状況がどうなっているかを次に見てみよう。

 

蔵書のデータベース化状況

先ほどの文部科学省(2015)の調査結果から引用すると,

蔵書をデータベース化している学校の割合は

小中高の順に71.6%, 69.9%,90.5%である。

 

この数値を見て何を感じるかは人それぞれだろう。

私の感覚では,パソコンやスマートフォン,タブレットがこれだけ普及しながら

高校ですら10校に1校の割合で蔵書管理がデータベース化していないというのは

驚愕の事実である。

そして(残念ながら)勤務校もその1校である。

 

学校図書館が学習・読書・情報の提供を行う場であるにもかかわらず

その道具たる図書の管理すらままならない学校というのは

決して少なくないのだ。

 

無料の学校図書館用蔵書管理システム「Win書庫V4」

このような現状が続くのはさすがに良くないと考え,

約半年学校側に説得を続けた結果,

ようやく蔵書管理システムによる図書データベース構築を許可してもらった。

 

ここで決め手となったのは,無料の学校図書館用蔵書管理システム導入の

提案である。

 

有料の学校向けシステムは探せばたくさんあるのだけれど,

それを購入する許可が下りないからこそシステム導入が進まない現状もあるので

無料でも信頼に足る管理システムがあることを紹介したのだ。

 

無料で配布されている図書や資料の管理システムは

例えば以下のようなものがある。

その中でも,今回図書データベース構築に選んだシステムは

最後に示した「Win書庫V4」である。

f:id:uru3:20160921230559j:plain

その最大の理由は,1989年のリリースから2016年現在まで

未だに更新され続けているという点である。もちろんWindows10にも対応済み。

有償にはなるがサポートを受けることもできる。

また,これは技術的な話になるので提案したときには伝えなかったが

文字コードUnicodeに対応し,64bit OSでも使用可能というのもかなり良い。

 

さらに,無料であるにもかかわらず,

学校図書館に関係する以下のことができるという。

  • 基本データベース(基本書誌データ,蔵書エントリーデータ,書誌エントリーデータ,学校状況データ,個別館データなど)
  • 利用者データ(生徒・教師・一般)・貸出記録・貸出統計
  • 会計処理データ(図書年度会計,資料購入計画)

これまでこれらの情報が一元管理できていなかったことも踏まえれば,

「Win書庫V4」による図書データベース構築はコストを最小限に減らしながら

実現可能なかなり現実的な選択肢といえよう。

 

おわりに:今後もWin書庫V4に関する情報を発信します。

この記事では学校図書館の現状とWin書庫V4の概要について簡単に紹介した。

 

ただし,Win書庫V4に関する図書データベース構築の情報は

公式以外ではほとんど紹介されていない。

そこで今後は実際にデータベース構築の作業を行いながら知り得た

Win書庫の運用方法については今後も整理して紹介していきたいと思う。

 

どこかの学校の図書室のお役に立てば幸いである。

 

つづきもどうぞ

 

こちらの記事もどうぞ