Learninghacker

たくさん遊んで"学ぶ"メディア

自転車を風雨から守るならActive Winnerの自転車カバーがオススメ!屋外保管では必須アイテム


スポンサーリンク

f:id:uru3:20170706212009j:image

パナソニックのスポーツ系電動アシスト自転車こと「ジェッター」を買って心が浮かれているuru(@uru_)です。

www.learninghacker.com

ただ移動するだけを目的とするなら、ジェッターのような身の丈に合わない自転車は初めから買いません。

これを買うということは、移動を快適に、そして長く楽しむための投資だと自己納得しているのです(又の名を「口実」ともいう)。

とはいうものの、我が家には自転車を保管するための屋内スペースはありませんので否応無く屋外に保管するしかありません。そのまま露頭に置けば,自転車というのは雨風粉塵の影響を受けてあっという間に酸化していきます。

したがって、本気で自転車を大切に乗りたければ、防水防塵対策は必須です。

そこで今回用意したのがこちらのActive Winnerの自転車カバー。2000円ちょっとで購入できるのに性能が必要十分!これは良い買い物でした。

防水防塵対策で愛する自転車を長持ちに!

今回買った自転車用カバーはAmazonで購入可能です。

f:id:uru3:20170706212046j:image

ちょうど前回紹介したジェッターくんは、2017年7月4日に日本へ上陸した台風3号と同時に届く可能性があったので、特に防水対策は私にとって急を要しました。

Amazonさん、そしてクロネコさん、いつもこき使ってすみませぬ。 

さて今回届いたActive Winnerの自転車カバーですが、Amazonのレビューでもなかなかの高評価です。

まず、対応する自転車のサイズが幅広い。幼児を乗せる二人乗り自転車だけは対応しておりませんが、一人乗りの自転車であればだいたい入ります。

ジェッターに実際に装着してみた写真はこちら。ハンドル部分に合わせた形状になっているので、前後を間違えなければジェッターにもぴったりです。

f:id:uru3:20170706212009j:plain

下にロックが2つかけられるようになっていますが、それ以上に良いのが下の縁のゴム。700Cのタイヤを履いたジェッターくんでもしっかりと一番下まで包み込みます。

f:id:uru3:20170706212102j:image

設置したあと、台風が到来し、カバーは届いた初日とは思えないほどずぶ濡れになりました。残念ながら写真がありませんが、表面の撥水加工で水はちゃんと弾いていましたし、ロックもあって風に飛ばされることもなく、タイヤのフレーム等が濡れることもほとんどありませんでした。

ちょっとした工夫ですが、このカバーは良いですよ!

終わりに:どんな自転車にも是非カバーを使って欲しい

カバーを使う以上、自転車を使う際にカバーを外すというモーションが加わり確かにめんどくさい面も否定はできません。それでも、カバーを使うことによって自転車を長く使うことができるのでその点でのコスト削減には役立つと思われます。 

日本の狭い住宅事情を考えると、ロードバイクやクロスバイクなどを屋内で保存できないという方もいるでしょう。無論これらのバイクだけでなく,普通の自転車でも良いから、カバーを使って長持ちさせてみませんか?

これ、本当にオススメできます。