ガジェットレビュー

iPadのサイズどうするよ?問題。本当に注目すべきは「重さ」です。

iPadのサイズどうするよ?問題。本当に注目すべきは「重さ」です。

こんにちは、uru(@uru_)です。

2020年3月に、以前持っていたiPad Pro 2018年モデルの12.9インチをドナドナし、2020年モデルの11インチに買い替えました。

www.learninghacker.com

ちなみに購入タイミングは、新型コロナとは全く関係ございません。12.9インチは確かに画面が大きく便利ではあったけれど、ずっとサイズを小さくしたいと思っていました。新型が出たから買い替えた、というだけの話です。

おそらくiPadシリーズを買いたいと考えたとき、誰しもがそのサイズやスペックで悩むと思います。今回は、なぜ私がダウンサイジングに至ったのか、その理由を紹介します。

結局「それで何がしたいのか?」が一番大事

私は今まで、通常のiPad、iPad miniも使っていたこともあり、現在は冒頭の通りiPad Pro 11インチに落ち着いています。iPad miniは現在子ども用として使っているので今でも健在です。

2018年に登場したiPad Pro 12.9インチは色々と冒険のあったかいものでした。当時ホームボタンの消えた初めてのモデルで、Pencilも第2世代に変わったばかり。買った当時は結構興奮したものです。

www.learninghacker.com

が、しかし、ここから色々な葛藤が始まるわけです。

まず、画面の保護フィルム問題。12.9インチではペーパーライクなフィルムを使っていましたが、Pencilの先端の消耗はかなり激しかったです。ちなみに現在はガラスフィルムに替えました。

www.learninghacker.com

次にSmart keyboard Folio。これは結構早い段階でドナドナしました。現在も使っていませんし、新しいMagic Keyboardも買う予定は全くございません。

www.learninghacker.com

iPadの選択の仕方、それは結局のところ「それで何がしたいか?」をはっきりさせることが一番大事です

私の場合、色々試していく中でそれに気づいて、現在のiPad Pro 12インチに落ち着きました。とはいえ、どうせなら同じ轍を他の人に踏んで欲しいとは思わないので、私の基準を一つの参考にしていただけたらと思います。

f:id:uru3:20200429174840j:plain

iPad選びで考えるべきこと

1)持ち運ぶか、家に置いておくか

これ、めちゃくちゃ大事。一番最初に考えるべきは絶対のこれ!

私がiPad Pro 12.9インチをダウンサイジングしたのは、画面を小さくしたかったからではなく、軽くしたかったために他なりません

iPadの場合、本体重量以外にもカバーやらペンやら各種アクセサリー類やらが絶対必要になってくるので、それらを総合して選ぶ必要があります。

たとえばiPad Pro 12.9インチの場合、本体がWi-Fiモデルが641 g、Apple Pencil第2世代が20.7 g、Smart Folioが約240 g。この時点で901.7 g。もしSmart keyboard Folio 408 gなら1069.7 gになり、1 kgを超えてきます。

正直この重さでキーボードをバコバコ打ちたいのであれば、いっそもっと軽いPCの購入も視野に入れた方が良いです。iPadで何をしたいのかが定まっていないと(私のような)不毛な悩みが付き纏うことになります。

比較として、iPad Proを11インチにするとどうなるか。Wi-Fiモデル本体417 g(この時点で200g軽くなります)、Apple Pencil第2世代20.7 g、Smart Folio約175 g、合計612.7 g。その差は289 gになってきます。

この差、持ち歩くんならものすごく大きいですよ!

ちなみにSmart FolioやSmart keyboard Folioの重さが「約」なのは、なぜか公式WEBサイトに重量の記載がないからです。なんでだよ!Apple Pencilより重要だよ!!

というわけで、iPadはケースもコミで重量を考えて購入を検討しましょう(裸族なら考える必要はありませんが)。

持ち運びたいとほんの少しでも思うのなら、重量検討は必須。家や仕事場で絵をがっつり描く人、持ち出す可能性が限りなく低い人、iPadで筋トレがしたい人(?)は大きいサイズを検討して良いと思います。

ちなみに持ち運びはでも、iPad miniだけは画面の差が大きいので他のシリーズとは使用用途が変わってくるでしょう。メールのチェック、ブラウザの確認、動画の視聴、ペンもメモを取る程度であれば、iPad miniで良いと思います。もしそれ以外の使い方があるのであれば、iPad以上を使用すると良いと思います。

2)画像や動画編集ならPro、あとは予算次第

iPad、iPad Air、iPad Pro 11インチの3つはサイズはほぼほぼ同じなので、あと比較するところといえば性能くらいしかありません。

私がiPad Proを選んでいる理由は、画像処理や動画編集をしたいという用途があるからです。USB-Cを繋げられるのもこのタイプで、一眼レフの画像を読み込んだりしたいと思ったらPro一択で決まりです。

では、残りのiPadとiPad Airをどう選ぶか、なんですが、正直私にはよく分かりません。性能で比較してもその差はとても分かりづらいはずなので、あとは予算で決める感じになると思います。

「iPadで何をしたいか?」は本当に難しい問題です。実際、使いながら変わっていくということもよくあります。初めて使うなら、私はiPadで十分なような気もするのですが、ほんの少しでも画像や動画にも興味があるなら、iPad Airを選んでもいい気がします。でもまぁ、やっぱりこの辺の選択は予算がカギになってくるでしょうね。

おわりに:Appleさん、Smart Folioの重量をWEBに掲載してください(切実なお願い)

画像処理だろうと、動画処理だろうと、結局突き詰めていけばスペックではPCにはかないません。あえてiPadというタブレットの類を選択に入れる時点で「モバイル性」への期待は誰にしてもあると思うんです。あとは、モバイル性をどこまで殺しても良いか、その選択になってくるんじゃなかろうか・・・というのが2020年時点の私の結論です。

・・・そして。

もしApple関係者の方がこのブログを見ていたら、ぜひ検討してください。

Smart Folioの重量をWEBに掲載してください(切実)

いや、ほんとマジで。これ本当に重要ですから!

ABOUT ME
@uru_
@uru_
日常生活と科学をむすぶ、学びのデザイナー。教育/科学/趣味について発信します。■お仕事:科学館の企画・広報←小中高の理科教員 ■関心:科学教育/理科教育/学習科学 ■趣味:バイク(レブル250)/キャンプ/DIY。旅と読書と富士山、新しいモノゴトが好き。アニメから染まりやすい人。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください