Learninghacker

たくさん遊んで"学ぶ"メディア

Apple Watchのミラネーゼループのそっくりさんバンドのコスパが高過ぎて驚いた!


スポンサーリンク

f:id:uru3:20180417091000j:plain

こんにちは、uru(@uru_)です。

Apple Watch持っている人に質問!バンドは何種類持ってます?

バンドを簡単に取り替えてファッションを楽しんでもらうというのもAppleが考えていたユーザーの新しい楽しみだったと思うのですが、純正バンドが高過ぎて何種類も買えねーよ!という人も多いのではないでしょうか。

というか、私はまさにそれでした。 

そこで次の選択肢として出てくるのは純正ではないバンド。Amazonで「Apple Watch, 38/42mm(調べたいサイズ), バンド」で検索すればたくさん出てきます。

なかでも純正のそっくりさんバンドは安い価格で純正に近い楽しみができるという素晴らしいメリットがある一方で、純正に劣る部分に対する警戒が働いて買うのに躊躇してしまいます。

というか、私はまさにそれでした(2度目)。

というわけで、今回私はApple純正ミネラーゼループのそっくりさんバンドを買って試してみることにしました。

パッケージは超チープ。

私が現在使っているApple Watchは第3世代38mmモデルのスペースグレイアルミニウムケースNikeタイプです。Nikeにしたのはスポーツバンドが一番マシなデザインに見えたから。でも、TPO的にはスポーツバンドはちょっと・・・という場面も多々あるわけで。

そして今回購入したApple純正ミネラーゼループのそっくりさんバンドはBRGというメーカーが出しているバンドのブラックです。色は他にゴールドとシルバーがありました。購入当時、参考価格7999円、セール価格1599円(6400円、80%OFF)という安過ぎて逆にものすごく疑ってしまうようなとんでもない価格がついております。

しかしレビューを見ると300件近い投稿があり星5つが67%という典型的なL型。かなり信頼できる商品だと言えます。

で、実際買って届いたものがこちら。

f:id:uru3:20180417091035j:plain

パッケージがすんごいチープ!

初見ですごく不安になるやつです、コレ。なかに説明書きも付属していますが、日本語が若干怪しい・・・

装着するとミネラーゼループ!ぱっと見では判別できない。

しかし装着してみると、コレはなかなかいい感じ!パッと見では純正とほとんど見分けがつきません。肌との接触部分にも違和感はなく、純正とほとんど変わりません

f:id:uru3:20180417091000j:plain

バンドのジョイント部分も綺麗に収まって、装着に問題はありません。ただよーく見ると、スペースグレイのケースにブラックのバンドをつけているので、微妙に色が違います。が、このくらいなら許容範囲と言えるでしょう。

f:id:uru3:20180417091202j:plain

それでも純正には及ばない。

パッと見では区別できなくても、ちゃんと純正と比較するとやはり純正には及ばない部分が見えてきます。 

私は以前Apple Watchの第一世代を使っていた時があってその時純正のミネラーゼループを使っていました。

www.learninghacker.com

そっくりさんバンド唯一の欠点は、バンドの折り返し部分にあります。

f:id:uru3:20180417091118j:plain

通常つけている場合は見た目に違和感がないのですが、写真のように折り返し部分が穴の左右に偏ってしまうと見た目も装着感も若干の違和感を覚えました。

f:id:uru3:20180417091139j:plain

純正のバンドでコレは起きません。 

下の写真は以前使っていた頃の写真ですが、バンドの通り穴がバンド幅とぴったりなので、そもそも偏らないんです。

f:id:uru3:20180417091322j:plain

・・・とは言え、指摘されなきゃ普通他の人がそこまで見ることはないでしょうし、長袖て隠れていればまず気づかれません。コスパとしては十分すぎると言えるでしょう。

おわりに:非純正バンドでAppleの描いたライフスタイルを叶える

本当は純正バンドが一番いい。それは断言しますし、価格にこだわらない人には純正をオススメします。

ただ、あえて私の意見を言うなら、私はAppleの描いたライフスタイル、バンドを取り替えてその日の気分に合わせて毎日を楽しむ生活にむしろ共感を覚えます

実際バンドを新たに用意したことでその日の服装に合わせてバンドを変えるようになりました。Appleの価格設定はいつも挑戦的なので、純正にこだわるとその実践が阻害されます。

もし共感できる人であれば、ちょっと純正でないバンドに挑戦して見てはいかがでしょうか?少なくとも今回紹介したミラネーゼループのそっくりさんはその第一歩にオススメできます。