Apple

BelkinのApple Watch用モバイルバッテリー「BOOST CHARGE」はもっと早く買っておけばよかった

BelkinのApple Watch用モバイルバッテリー「BOOST CHARGE」はもっと早く買っておけばよかった

こんにちは、Appple Watchは体の一部、uru(@uru_)です。

先日、Belkin Apple Watch用モバイルバッテリー「BOOST CHARGE」(F8J233BTBLK-A)を購入しました。今回はこれについてとりあげます。

Apple Wachユーザーの方は、旅行や出張等の時Apple Watchの充電どうしてますか?

どのモデルでも大体1日分しか充電がもたないので、宿泊を伴う場合の電池問題は必ずぶち当たる壁かなと思います。

私はというと、ずっと純正の充電ケーブルとモバイルバッテリーを持ち歩いて耐えてきました。が、持ち物にケーブル一本増えるだけでも結構荷物になりますよね。

加えて、旅行先ではなくても、たまに接触が悪くApple Watchの充電が足りないなんてこともしばしばありました。

今回はその問題を解決すべく、やっと思い切ってBelkin Apple Watch用モバイルバッテリーを購入したに至ります。

結論から言うと、もっと早く買っておけばよかったと思いました。

Belkin Apple Watch用モバイルバッテリー開封!

まずはBelkin Apple Watch用モバイルバッテリー(F8J233BTBLK-A)がどんなものか、早速開封したものを見てみましょう。

f:id:uru3:20200121114937j:plain

上の写真の通り、てのひらサイズに治る大きさのモバイルバッテリー。Micro-USBケーブルと説明書が同封されています(USB-Cならもっと嬉しかった)。

「Apple Watch用」とある通り、このモデルはApple Watchしか充電できません。もしスマホなど他のガジェットも一つで充電したい場合は上位モデルを選ぶ必要があります。一応Apple Watch全シリーズに対応しているので、バージョンは気にする必要がないのはありがたいです。

そして安心なのは「Apple MFi認証取得製品」であること。動作に対してはほぼ心配の必要はありません。

f:id:uru3:20200121115221j:plain

iPhoneとサイズを比べてみると、大きさは画面の1/4くらい。厚さは大体ケースをつけたiPhone2枚分くらいになります。

f:id:uru3:20200121115441j:plain f:id:uru3:20200121115534j:plain

ちょっと小太りな感じにも見えますが、これでも重さは70gと見た目よりずっと軽く感じます。2200mAhと容量も少なめで、約3.5回の充電が可能。

f:id:uru3:20200121115825j:plain

純正の充電ケーブルと充電時間はほぼ同じ。試しに充電してみたところ、フル充電で約90分と言うところでした。といっても、実際は残量ゼロからの充電なんて滅多にしないので、もっと短い時間で使用に耐えられます。

ちなみに立てて充電することも可能。これ地味に便利です。ミネラーゼループの様にバンドが開けないタイプの場合は、縦置きの方がシンプルかなと思います。

f:id:uru3:20200121120106j:plain

このミニマムで無駄がない感じが気に入りました

購入優先度は低かった。でも買ってよかった。

とはいえ、冒頭でも書いた通り、BelkinのApple Watch用モバイルバッテリー「BOOST CHARGE」は新しい製品ではありません。私、Apple Watchは累計5年くらい使っていて、購入したのはやっと最近です。

なぜ購入を躊躇ったのか。そして、でも結局なぜ買ったのか、ご紹介します。

まず、買った理由なのですが、これは至極単純でAmazonのタイムセールでめちゃくちゃ安くなっていたからです。

BOOST CHARGEはAmazonの定価で6910円。この価格をどう思うかは人それぞれですが、私にはApple Watchオンリーでこの価格はかなり高価に感じました。まぁこれがタイムセールで4300円くらいまで安くなったので、これは買いだなと思いました。

とりあえず買いたいけど高いと感じた場合は、Amazonの欲しいものリストに入れておいて、タイムセールで通知が来るように設定しておくのが無難です。

では、なぜ躊躇していたのか。

理由は大きく2つです。

  • 純正の充電ケーブルで事足りるのではないか?
  • どのバッテリーを買うのが良いか?

冒頭でお伝えした通り、これまで旅先ではずっと充電ケーブルを持ち歩いていました。かなりかさばるんです。でも耐えていたんです。

でも流石にもう辞めたいと思いました。理由は自分がキャンプやバイクで遠出するようになったからです。荷物は少しでも減らしたいし、荷物の重さをグラム単位で減らしたくなるんです。

このバッテリーを買うことで荷物の重さは減りますが、シンプルにできるというのが良いと思いました。BOOST CHARGEならポケットに入れて充電もできますし。

最後に「どのバッテリーを買うか」という点ですが、選択肢は以下の3つがありました。

他にも短い充電ケーブルのもの、キーホルダー型でモバイルバッテリーに挿して充電するタイプなどもあったわけですが、「ケーブルを減らしたい」という点で却下。Apple MFi認証取得製品でないものもいろいろありますが、この手のガジェットは安物買いの銭失いになりやすいので、それらも選択肢から除外しました。

悩みどころは、最後に紹介したValet Charger Power Pack。こちらはApple Watch以外の充電も可能です。結局これにしなかったのは、価格が10000万円を超えること、スマホとApple Watchを同時に充電したい時はむしろ不便であることを考えたからです。

モバイルバッテリーでスマホを充電したい時って、大体スマホを使いたい時に限って!ということが多い気がします。つまり、充電しながらスマホを使いたい。スマホと充電器を両方同時に持てる方が利便性が高いと考えています。もしそこにApple Watchがあるとかなり煩雑になると思われたので、こちらも最終的に却下しました。

何より、モバイルバッテリーは小さい方が結局のところ何かと便利、というのが私が経験から得てきた結論でした。

www.learninghacker.com

おわりに:必要ならば買えば良い

Apple Watch用モバイルバッテリーは万人受けするプロダクトではありません。

ただ、こういうのって、自分が必要だと思ったら買った方が良いものかなと思いました。タイムセールの後押しでようやく購入に至りましたが、結局使ってみると「そう!それ!そういうのが必要だった!!」と心から思えます。

購入理由が安さだけなら、やっぱり買わない方が良いと思います。よく出かける人、宿泊を伴う旅の多い人、ミニマムでシンプルな生活が送りたいという目的がある人ならば、お勧めしたい製品でした。

ABOUT ME
@uru_
@uru_
日常生活と科学をむすぶ、学びのデザイナー。教育/科学/趣味について発信します。■お仕事:科学館の企画・広報←小中高の理科教員 ■関心:科学教育/理科教育/学習科学 ■趣味:バイク(レブル250)/キャンプ/DIY。旅と読書と富士山、新しいモノゴトが好き。アニメから染まりやすい人。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください