ガジェットレビュー

13インチMacBook Pro 2020モデルの進化で1番驚いたのは「音質」【開封レビュー】

13インチMacBook Pro 2020モデルの進化で1番驚いたのは「音質」【開封レビュー】

こんにちは、uru(@uru_)です。2020年5月に13インチMacBook Proの下位モデルを買いました。

ストレージが倍増してコストは抑えられており、キーボードもようやくシザー式になった、13インチMacBook Proの2020モデル。しかしCPUは2世代前Intel Core i5だったりと購入を迷っている方が多いと思います。私が敢えて下位モデルを選んだ理由は別の記事にまとめたので、よかったらご参照ください。

私が13インチMacBook Pro 下位モデルを買った理由【結論: 用途次第】
私が13インチMacBook Pro 下位モデルを買った理由【結論: 用途次第】この記事は私が敢えて私が13インチMacBook Proの下位モデルを買った理由を紹介しています。Proシリーズは高負荷な処理を得意とするだけでなく、排熱処理に優れた構造でもあることから長時間使用する人にも向いています。したがって、必ずしもスペックが高くないと使えないということは全くありません。自分の使い方をよく吟味して選択しましょう。...

今回ご紹介するのは、開封直後にすぐ感じた13インチMacBook Pro 2020モデルの進化についてです。下位モデルを使用した所感はここでは扱いません。ただ、開封直後に分かる変化だけでも、着実な進化を遂げている機種ということはとても感じられるので、あからさまに損することだけはないかと思います。

個人的に一番驚いた進化は、スピーカーの音でした

痒いところに手がやっと届いた、現行モデルの最終形態

MacBook Proパッケージ

実は私、MacBookやMacBook Airは自分で所有していたのですが、Proシリーズを自分で買ったのは初めてでした。ちょっとワクワクしながら開封です。

MacBook Proを開けたところ

蓋を開けるとすぐに顔を出す、美しいボディ。Apple毎度の見せ方ですが、何度見ても心が躍りますね!

MacBook Pro内容物

中身は、MacBook Pro本体、USB-Cケーブル、そして61W USB-C電源アダプタ。ワット数が大きい分、アダプタもMacBook Airより大きいです。モバイル性を重視してMacBook Airとどちらが良いか悩んでいる人は、アダプタの重量も考慮しておくと良いでしょう。

久しぶりに買ったので忘れていましたが、ディスプレイを開いた瞬間に起動し、セットアップが始まります。こういうすぐに使える演出もAppleファンがやめられない理由の1つですね〜(こうして沼にはまっていく…)

MacBook Proセットアップ画面

ここからは、13インチMacBook Proの良いところを具体的に紹介しましょう。

1番大きな進化は「ハイダイナミックレンジステレオスピーカー」

いきなり写真では分からない情報で申し訳ありませんが、体感した進化の中で最も衝撃を受けたのは、今回の13インチProから搭載された「ハイダイナミックレンジステレオスピーカー」でした。

MacBook Airよりも、音質が明らかに良いです。特に低音がしっかりしていて、音に膨らみを感じます。よほど音にこだわりがある人でなければ、外付けスピーカーを使う必要はほとんどないんじゃないかと思います。動画の視聴や編集で音を聞きたい人には良いですね!

ちなみに、16インチMacBook Proにフォースキャンセリングウーファーを搭載した6つのスピーカーシステムが搭載されています。残念ながら13インチは16インチにはかないません。ただ、その差はAirに比べれば体感的には小さいものです。ハイスペックな16インチとモバイル性重視のAirの中間をとっており、この辺りが欲しかった人は結構いるんじゃないでしょうか。

ユーザーの不満を確実につぶしにきたキーボード

もう1つ大きな変化があったのは、やはりキーボード。バタフライ式キーボードからシザー式キーボードになったことは既に散々メディアに取り上げられていますが、ストロークが伸びたことで打点感が良くなったのは間違いないです。

余談ですが、私はバタフライ式キーボード第1世代のMacBookを使っていたことがあるんですが、この子はまぁよく故障するわ、USB-Cは接続不良を起こすわ、打ちにくいわですごい目に遭いました。ただの愚痴ですが、もしお時間があったら下記の記事もお読みください。

【悲報】MacBookが2度死ぬ
【悲報】MacBookが2度死ぬこんにちは、気持ちが最低まで落ち込んでいるuru(@uru_)です。MacBookが電源アダプタを認識せず、Appleサポートの対応を受...

シザー式キーボードになった以外にも、いくつかの変更点がキーボードにはあります。例として、MacBook Air 2019モデル(下記写真左)と比べてみましょう。ちなみにMacBook Pro(写真右)はUS配列、AirJIS配列なので、もしよかったら見た目の違いもご参考ください

MacBook Pro 2020とMacBook Air 2019

MacBook Proのキーボードの改善部分は大きく2つ。1つはTouch Barは健在だけどESCキーが復活したこと。これが地味だけどめちゃくちゃ重要。

もう1つは矢印キーの形状の変化です。

MacBook Air 2019モデルの矢印キー

矢印キーの左右が、小さくなりました。

MacBook Pro 2020モデルの矢印キー

Airも2020モデルはProと同じになっています。おかげでキーボードを直接みなくても矢印が打てるようになり、打ち間違いも減りそうです。こういうところがしっかり良くなっていくのは嬉しいですね!

おわりに:Touch Barの使い勝手を自分で問いたい

この記事の要点はこれで以上なんですが、個人的にもう1つ使い勝手を楽しみにしているのはTouch Barです。これは別に新しい機能ではないですが、なにせ初めてのMacBook Proオーナーなので、どのくらい使えるのかはやっぱり自分で判断したいものです。

Touch IDセンサーは数回使ってその便利さを痛感しました。パスワード打たなくて済むって最高にスマートです。Apple Watchでもセキュリティは解除できますが、Touch IDの方が断然スマートですね(詳しくは別の記事もご参考ください)

Apple WatchからのmacOSの自動ロック解除は超便利だが、設定はスマートとは言い難い
Apple WatchからのmacOSの自動ロック解除は超便利だが、設定はスマートとは言い難いこんにちは、Apple Watchユーザーことuru(@uru_)です。 macOS Sierraから導入されたApple Wat...

一方、Touch Barはあまり人気がないですよね。私はとりあえずSafariを開くときなど使ってみましたが、うーん、普通に便利でしたよ? そもそもファンクションキーを多用しないからというのもあるかもしれませんが、直感的に使えるので良い気がするのですが…。

Touch Bar

この辺りはもうちょっと探ってみます。

最後におまけですが、MacBook Proのデザインによく合う縦置きスタンドも別の記事で紹介しています。よろしければ、こちらもどうぞ。

MacBook ProやAirにマッチする縦置きスタンドをAmazonで発見!【これはおすすめ】
MacBook Pro/Airにマッチする縦置きスタンドをAmazonで発見!【これはおすすめ】こんにちは、uru(@uru_)です。 MacBook ProやMacBook Airを縦置きしたいという方は一定数いるのではない...
ABOUT ME
@uru_
@uru_
日常生活と科学をむすぶ、学びのデザイナー。教育/科学/趣味について発信します。■お仕事:科学館の企画・広報←小中高の理科教員 ■関心:科学教育/理科教育/学習科学 ■趣味:バイク(レブル250)/キャンプ/DIY。旅と読書と富士山、新しいモノゴトが好き。アニメから染まりやすい人。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください