Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

【備忘録】Kindle Oasisのベージめくりボタンを反転させる設定の方法。


f:id:uru3:20160815124143j:plain

先日,Kindle Oasisを購入した。読書体験が向上してすごく満足している。

特に満足度が高いのは物理ボタン(ページめくりボタン)。

とにかくボタンを押しさえすればどんどん次ページへ進める。

画面にタッチしていたKindle Paperwhiteとは雲泥の差である。

 

写真では右手で持っているが,

ひっくり返しても画面方向もボタン操作も入れ替わるので

左手でも全く同じ操作ができるというのがまた良い。

 

ところで,このベージめくりボタン,

デフォルトでは上が「次のページ」,下が「前のページ」だが,

設定変更することで入れ替えもできる。

ちょっと分りにくい場所にあるので,備忘録として書いておく。

 

Kindle Oasisのベージめくりボタンを反転させる方法。

まず開くのは画面右上,時計下にある「・・・」をタップし,

「設定」を選ぶ。

f:id:uru3:20160815203334j:plain

「設定」一番下の「読書オプション」をタップする。 

f:id:uru3:20160815203333j:plain

「読書オプション」上から3番目の「ページめくりボタン」を選択する。

f:id:uru3:20160815124152j:plain

すると,ページめくりボタンの設定画面が開く。

初めて開いた場合はデフォルト設定である。 

f:id:uru3:20160815124153j:plain

「反転」をタップすると,設定が逆になる。

f:id:uru3:20160815124154j:plain

 

おわりに:自分の手に合わせて設定してみよう。

読書する上ではおそらく「次のページ」ボタンを最も使うだろうから,

そのボタンが一番届きやすい場所に設定しておくといいだろう。

 

私はOasisを見たとき,直感的には下のボタンが「次」の方が便利だと思ったが

実際に本体を手に持ってみると,上にボタンが最も届きやすかったため,

結局のところ設定はデフォルトのままだ。

 

一方,女性や子供の場合は下のボタンを「次」にしておいた方が

ページ送りが楽かもしれない。

 

自分にとって一番使いやすい位置にしてみよう。

 

こちらの記事もどうぞ