読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

Google AdSenseの関連コンテンツ機能が使えるようになったので使ってみた。


f:id:uru3:20170207212847j:plain

先日,Google AdSenseから

「関連コンテンツ機能がご利用可能になりました」という旨のメールが届いた。

 

メール曰く,

関連コンテンツ機能を使用するとサイトのページビュー数や滞在時間,

収益の増加が見込めるらしい。

とは言っても私,そんなにアフィリエイトに対して積極的な方ではないので

結局のところ「関連コンテンツ機能」とやらが

どんなものか分からないでいた。

 

習うより慣れろ,ということで,

とりあえずGoogle AdSenseの関連コンテンツ機能を

ブログに設定してみた。

 

「関連コンテンツ機能」を設定してみる。

まずは下記のメールの中にある「使ってみる」というボタンを押してみた。

f:id:uru3:20170207212857p:plain

するとGoogle AdSenseのトップページに飛ばされる。

次に,メニューの「広告の設定」を選択する。

下記のような画面になるので,そこから「+新しい広告ユニット」を選択する。

f:id:uru3:20170207212848p:plain

作成する広告の種類の選択の中に

新たに「関連コンテンツ」というものが増えているので,これを選択する。

f:id:uru3:20170207212849p:plain

すると,以下のような説明が登場する。

どうやら「関連コンテンツ」という機能はコンテンツのアピール機能があるらしい。

f:id:uru3:20170207212850p:plain

f:id:uru3:20170207212851p:plain

そして収益も増えるらしい。「次へ進む」を選択する。

f:id:uru3:20170207212852p:plain

ここからは「関連コンテンツ」の設定画面になる。

 

広告ユニット名に任意の名前をつける。

また,広告オプションで「広告で収益化」を選択すると,

私の書いた記事と広告が混じって表示されるようになるらしい。

f:id:uru3:20170207212853p:plain

スタイルは設定が面倒だったので,私はそのままにした。

ここはブログのデザインとの兼ね合いだろう。

f:id:uru3:20170207212854p:plain

最後にサイズを選択する。

WEB版とモバイル版で最適化するレスポンシブを選択。

もしブログのデザインにぴったりはめ込みたい場合は

カスタムを選択し,さらに詳細の設定を行うのが良いだろう。

f:id:uru3:20170207212855p:plain

ここまできたら「保存してコードを取得」する。

コードは関連コンテンツユニットを置きたい任意の場所に設置する。

 

設置後,しらばくしてブログを確認すると,

次のように表示されるようになった。

f:id:uru3:20170207212856p:plain

 

おわりに:関連コンテンツはブログが見られるようになったご褒美?

Google AdSenseに疎い私は後から知ったことだが,

関連コンテンツユニットはサイトのトラフィック量と

ページ数の最低要件を満たしている必要があるらしい。

 

「最低要件」というのがどの程度のものなのかはよく分からないが

認めてもらえた,ということなら,そこは正直に喜んでおきたい。

 

Googleといえば,日本版で検索のアルゴリズム変更で

質の低いキュレーションサイトが検索上位に出にくくなったと聞く。

そういうサイトと競うつもりはないものの,

もし私がこれまで学んできたこと(くだらないことから真面目なことまで)が

何らかの役に立てば幸いである。

 

今後も良い記事を書く努力をしていく所存だ。

 

こちらの記事もどうぞ