Learninghacker

たくさん遊んで"学ぶ"メディア

iPad Pro 12.9インチはSmart Folio(Keyboardなし)選択が正解だった件


スポンサーリンク

f:id:uru3:20190227220745p:plain

こんにちは、uru(@uru_)です。

以前iPad Pro 12.9の2018年モデルについての記事を書きました。iPad Pro、すごくいいですよ!使いやすいしサクサク動きます。Apple Pencil(第2世代)も申し分なく活躍しております。

www.learninghacker.com

ただし、全く不満がなかったわけでもありません。

唯一、問題を感じたのはSmart Keyboard Folioです。結論から言うと、Smart Keyboard Folioはメルカリで売ってしまい(しかも出品1分で売れた)、キーボード無しのSmart  Folioを買いました。

iPad Proはキーボード無しのSmart  Folioが多分正解です

Smart Keyboard Folioがダメだった点

先に良いところから書いておくとSmart Keyboard Folioの打点感はなかなかよかったです。2段階に角度を変えられるのもよかったです。接続も簡単で、単体としてはとてもよくできたデバイスだったと言うのが個人的な感想です。

f:id:uru3:20190227221519j:plain

f:id:uru3:20190227221611j:plain

ただし、単体としてはよかったと言うのが、実は1番のボトルネックでもあります。

逆に何が良くなかったかというと、

  1. iPad Proの重量を加算すると重すぎる
  2. 分厚すぎる
  3. iPad ProはノートPCの代わりにはなれなかった

という3点につきます。

重すぎる問題

iPad Pro 12.9は作業領域が広い点が11インチにはないステータス。そして幅広なので、本体単体でなら実はそれほど重くは感じません。

ところがSmart Keyboard Folioを足すと、1kgを超えます。ノートPCと異なり、手のひらでページを開いたりメモを取ったりする持ち方になります。この1kg越えは想像以上に致命傷でした。

分厚すぎる問題

キーボードが付属する分、分厚くなります。Macbook Proよりも厚くなります。最初は自分が我慢できるかなぁと思ったけれど、やっぱりダメでした。

ノートPC代替になれない問題

一番致命傷だったのはやはりこれ。しつこく言いますが、iPad Proは非常にサクサク動く便利な道具です。

ですけど、ノートPCの代わりにはなれませんでした。あくまでタブレットです。はてなブログも気持ちよく書けません。

www.learninghacker.com

そうなると、もはやキーボードってある必要がほとんどなくなってしまうのです。なくても画面上で打てるし、12.9なら両手でローマ字入力しても長文でなければむしろ画面だけでも十分快適です。

そしてそれ以上に有り余るほど、Apple Pencil(第2世代)が超便利なんですよ。手書きの方が圧倒的に感覚的に素早くまとめたいことをまとめられる。そんなアイデア出しやメモだったらキーボードでは全く歯が立ちませんでした。

Smart Folio(Keyboardなし)が無駄を全てそげ落とした

不満のあるものをいつまで持っていてもしょうがないので、まだ価値があるうちにSmart Keyboard Folioをサクッとメルカリで売ってしまいました。

1分足らずで売れたので、ならばとSmart Folio(Keyboardなし)を購入しました。純正な分安い買い物ではありませんが、軽さと手軽さを優先すると純正が一番という結論に達しました。

f:id:uru3:20190227222836j:plain

iPad Proに装着した様子はキーボードありもなしもあんまり変わりません。溝が1本多いだけです。

f:id:uru3:20190227222929j:plain

背面もしっかりカバーされているのがFolioの特徴。

f:id:uru3:20190227222959j:plain

12.9インチは全体が広い分、カバーが相対的に薄く感じます。厚さは約1cm。キーボードありからすれば、大きく薄くなった印象がありました。

f:id:uru3:20190227223121j:plain

立てた時はこんな感じ。

f:id:uru3:20190227223146j:plain

f:id:uru3:20190227223224j:plain

Smart Keyboard Folioは一段浅い角度ができましたが、あれはキーボードを打つという前提がある場合に役に立つ角度でした。単なるビューアーとしてなら、角度1パターンでも全く問題がありません。Smart Keyboard Folioのスタンド部分は硬い素材でできていて、あそこが地味に重さを増やしている要因でもありました。

Apple公式ストアのレビューでは、不安定だなんだと結構酷評が目立つSmart Folioですが、私の第一印象では特にそういった点は気になりませんでした。十分安定しています。

もう一つは角度をかなり浅くしたパターン。

f:id:uru3:20190227223458j:plain

f:id:uru3:20190227223600j:plain

iPad Proに必要な角度はこれでした。これが手書きの一番書きやすい角度。ほんのちょっとの傾斜でよかったんです

これがSmart Keyboard Foliodではできなかったというのが個人的にはドナドナした最大の決め手となりました。

最後に片手持ち。

f:id:uru3:20190227223753j:plain

これで重さは900g弱くらい。12.9インチというサイズを考えれば軽いといったら嘘になりますが、iPad Proの薄さ軽さがまだ生きている重さに収まっています。私はビューアーとして使う時間もかなり長いので、12.9インチの読みやすさは軽さによって支えられています。

おわりに:失敗から学ぶiPad Proの真価

購入当時はノートPCの代わりになることを期待してSmart Keyboard Folioを足しました。結局大体にはなれませんでしたが、PadとしてiPad Proはある意味完結したデザインに行き着いたのではないでしょうか。キーボード単体がどんなに優れていても、完全に蛇足でした。

もしこれから買う人がいれば、少し参考なれば幸いです。