ガジェットレビュー

iPad Pro 12.9インチはSmart Folioを選んで重さを減らす!【これが正解】

こんにちは、uru(@uru_)です。

この記事を見ている方は、次のような方が多いのではないでしょうか

  • iPad Pro 12.9インチが欲しい(もしくはすでに持っている)
  • でも重さが気になっている(カバーなどはもっと軽いといいなぁ・・・)

結論から言います。「重さが気になっている」時点でSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)を購入することは絶対におすすめしません。自宅や職場の中で移動する程度であれば全く問題ありませんが、もしほんのちょっとでも外出時に持ち歩くといったモバイルとしての使い方を考えているのであれば、あなたが取れる選択肢は下記の3つです

重さが気になったら
  1. Smart Folio(スマートフォリオ)を選ぶ
  2. キーボードが使いたければ、別途用意する
  3. そもそも12.9インチを買わない(買って後悔したら、次回リサイズする)

この記事では特に1番目の「Smart Folio選ぶ」ことで重さを増やさないことの重要性について書きます

後日、純正よりも良いカバーを見つけました。これから購入を検討している方はぜひ下記の記事を参考にしてください。

【純正超え】ESRのApple Pencil留め具つきiPad Proカバー レビュー
【純正超え】ESRのApple Pencil留め具つきiPad Proカバー レビューApple純正を超える使い勝手のiPad Proカバーを、iPad Pro 11インチモデルを基準に紹介します。今回紹介するカバーのすごいポイントは、1)価格は純正Smart Folio(税込9800円)の2〜3割で買えること、2)Apple Pencil留め具がついていることです。すごくおすすめな道具です。...

Smart Keyboard Folioは、重い

Smart Keyboard Folioの良い点3つ、悪い点4つ

以前私はiPad Pro 12.9(第4世代・2018年モデル)についての記事を書きました。iPad Pro、すごくいいです! 使いやすいしサクサク動きます。Apple Pencil(第2世代)も申し分なく活躍しております。

iPad Pro 12.9 2018モデル三種の神器が予約1ヶ月後にやっと到着(とりあえず開封)
iPad Pro 12.9 2018モデル三種の神器が予約1ヶ月後にやっと到着(とりあえず開封)こんにちは、Appleファンことuru(@uru_)です。 2018年に発売されたiPad Proの12.9インチモデルを発売初日...

ただし、全く不満がなかったわけでもありません。

唯一、問題を感じたのはSmart Keyboard Folioでした。後日私はSmart Keyboard Folioはメルカリで売ってしまい(出品1分で即売れた)、キーボード無しのSmart  Folioに買い換えました。

下記のような良いところがありました。Smart Keyboard Folioは単体としてはとてもよくできたデバイスだったと言うのが個人的な感想です。

  • Smart Keyboard Folioは打点感がよい
  • 2段階の角度調節がちょうど良い
  • 接続が簡単
f:id:uru3:20190227221519j:plain f:id:uru3:20190227221611j:plain

ただし、単体としてはよかったと言うのが、実は1番のボトルネックでもあります。

逆に残念な点は下記の4点に尽きます。

  1. iPad Proの重量を加算すると重すぎる
  2. 分厚すぎる
  3. iPad ProはノートPCの代わりにはなれなかった
  4. Apple Pencilで手書きするちょうど良い角度がない

悪い点1: 重すぎる問題

iPad Pro 12.9は作業領域が広い点が11インチにはないステータス。そして幅広なので、本体単体でなら実はそれほど重くは感じません。

ところがSmart Keyboard Folioを足すと1 kgを超えます。ノートPCと異なり、手のひらでページを開いたりメモを取ったりする持ち方になります。この1kg越えは想像以上に致命傷でした。

気付いたら家に置きっぱなしにしていました・・・

悪い点2: 分厚すぎる問題

キーボードが付属する分、分厚くなります。Macbook Proよりも厚くなります。最初は自分が我慢できるかなぁと思ったけれど、やっぱりダメでした。

悪い点3: ノートPC代替になれない問題

一番致命傷だったのはやはりこれ。しつこく言いますが、iPad Proは非常にサクサク動く便利な道具です。

ですけど、ノートPCの代わりにはなれませんでした。あくまでタブレットです。

そうなると、もはやキーボードってある必要がほとんどなくなってしまうのです。なくても画面上で打てるし、12.9なら両手でローマ字入力しても長文でなければむしろ画面だけでも十分快適です。

そしてそれ以上に有り余るほど、Apple Pencil(第2世代)が超便利なんですよ。手書きの方が圧倒的に感覚的に素早くまとめたいことをまとめられる。そんなアイデア出しやメモだったらキーボードでは全く歯が立ちませんでした。

悪い点4: Apple Pencilで手書きするちょうど良い角度がない

2段階の角度調整が可能なSmart Keyboard Folioですが、どちらもタイピングする場合の調整です。テーブルより少し角度をつけて手書きしたいといった調整ができません。わざわざiPad Proを購入してApple Pencilを使わないというのはあまり想定できない使い方です。メモや絵を描きたい人にとってちょうどいい角度が存在しないのは致命的です

Smart Folioを選んで重さを減らす!

次は、買い換えたSmart Folio(※Keyboardなし)の話です。私は上記のような後悔があったので、軽さと手軽さを優先するするSmart Folioの購入に踏み切りました。

iPad Proに装着した様子は、キーボードありもなしもあんまり変わりません。溝が1本多いだけです。

f:id:uru3:20190227222929j:plain

背面もしっかりカバーされているのがFolioの特徴。

f:id:uru3:20190227222959j:plain

12.9インチは全体が広い分、カバーが相対的に薄く感じます。厚さは約1cm。キーボードありからすれば、大きく薄くなった印象がありました

f:id:uru3:20190227223121j:plain

立てた時はこんな感じ。

f:id:uru3:20190227223146j:plain f:id:uru3:20190227223224j:plain

Smart Keyboard Folioは一段浅い角度ができましたが、あれはキーボードを打つという前提がある場合に役に立つ角度でした。単なるビューアーとしてなら、角度1パターンでも全く問題がありません。Smart Keyboard Folioのスタンド部分は硬い素材でできていて、そこが地味に重さを増やしている要因でもありました。

Apple公式ストアのレビューでは、不安定だなんだと結構酷評が目立つSmart Folioですが、私の第一印象では特にそういった点は気になりませんでした。十分安定しています。

もう一つは角度をかなり浅くしたパターン。

f:id:uru3:20190227223458j:plain f:id:uru3:20190227223600j:plain

iPad Proに必要な角度はこれでした。これが手書きの一番書きやすい角度。ほんのちょっとの傾斜でよかったんです

これがSmart Keyboard Foliodではできなかったというのが個人的にはドナドナした最大の決め手となりました。

最後に片手持ち。

f:id:uru3:20190227223753j:plain

これで重さは900g弱くらい。12.9インチというサイズを考えれば軽いといったら嘘になりますが、iPad Proの薄さ軽さがまだ生きている重さに収まっています。私はビューアーとして使う時間もかなり長いので、12.9インチの読みやすさは軽さによって支えられています。

おわりに:失敗から学ぶiPad Proの真価

購入当時はノートPCの代わりになることを期待してSmart Keyboard Folioを足しました。結局大体にはなれませんでしたが、PadとしてiPad Proはある意味完結したデザインに行き着いたのではないでしょうか。キーボード単体がどんなに優れていても、完全に蛇足でした。

この記事が、iPad Proの重さで悩んでいる人のお役に立てば幸いです。

今回はiPad Pro 12.9インチの重さが木になる場合の選択肢のうち、1つ目の「Smart Folioを選ぶ」を紹介しました。

重さが気になったら
  1. Smart Folio(スマートフォリオ)を選ぶ
  2. キーボードが使いたければ、別途用意する
  3. そもそも12.9インチを買わない(買って後悔したら、次回リサイズする)

残りの選択肢は別の記事で紹介していますので、よかったらご参照ください。

モバイル性能を重視するなら、iPad Pro11インチを買うのがおすすめ

3番目の「そもそも12.9インチを買わない(買って後悔したら、次回リサイズする)」については、私は2020年の新型発売のタイミングでリサイズしました。iPad Proの重さ問題については下記に改めてまとめました。もしよかったらご参照ください。

iPadのサイズどうするよ?問題。本当に注目すべきは「重さ」です。
iPadのサイズどうするよ?問題。本当に注目すべきは「重さ」です。こんにちは、uru(@uru_)です。 2020年3月に、以前持っていたiPad Pro 2018年モデルの12.9インチをドナド...

キーボードを別途用意するなら「KEYS-TO-GO」がおすすめ

2番目の「キーボードが使いたければ、別途用意する」ですが、私はロジクールの「KEYS-TO-GO」を4年以上愛用しています。モバイルキーボードとしてはやや割高ですが、軽くて打ちやすく、飲み物をこぼしても大丈夫という作りが気にいっています。もともとiPhone用として買いましたが、現在はiPad Proとセットで使うことが多いです。

ロジクールBluetoothキーボード「KEYS-TO-GO」の中古を入手!打点感がすごく気持ちいい!
ロジクールBluetoothキーボード「KEYS-TO-GO」の中古を入手!打点感がすごく気持ちいい!Bluetoothキーボード欲しいなぁ〜と思っていたところ、ロジクールのモバイルキーボード「KEYS-TO-GO」を発見しました。ふわふわ〜っとした独特の触感と安定の打点感は以前店頭で確認していたので購入してみたら、これが大当たりでした!...

追記:もっと良いキーボードを見つけました!


Ewinの折りたたみ式Bluetoothキーボードの打ちやすさはロジクールの「KEYS-TO-GO」以上でした!しかも安い!!

【コスパ最強!】Ewin折りたたみ式Bluetoothキーボード レビュー
【コスパ最強!】Ewin折りたたみ式Bluetoothキーボード レビュー今回はコスパの良い折りたたみ式キーボード、Ewinのキーボードをレビューします。iPhoneやiPadで長文を書くとき、画面のキーではスピードがなかなか出ず、イライラすることも。そんなときこのBluetoothキーボードは価格を抑えながら打ちやすさもよく考えられており、とてもおすすめできます。...

持ち運び用のBluetoothキーボードの選び方は下記の記事にまとめました。参考になれば幸いです。

【賢い選び方】モバイルキーボードは「幅」が最も大事
【賢い選び方】モバイルキーボードは「幅」が最も大事もしこれからモバイルキーボードを選ぶのであれば「キーボードの幅」を重視して選ぶことをお勧めします。なぜなら、キーボードの幅を重視した方が良い理由は、一定以上の幅の広さが打ちやすさに大きく影響するからです。...
ABOUT ME
@uru_
日常生活と科学をむすぶ、学びのデザイナー。好きなことは旅と読書とアニメ鑑賞、その他いろいろ。リアルではあまり語らないけど、本当はガジェットやギアにはかなりのこだわりがある。当サイトも本職ではあまり語らないニッチな世界観を書き綴ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください