Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

PILOT万年筆用コンバーターCON-40を用いてコクーンにインクを補充してみた。


f:id:uru3:20160919115406j:plain

前々回,PILOTのインクことiroshizuku【色彩雫】について,

前回,同じくPILOTの万年筆,コクーン(COCOON)について紹介した。

そして先日,ようやくPILOTの万年筆用コンバーターCON-40が届いた。

 

なぜ大きい順に早く手元に届いたのかは謎だが,

ともかくコンバーターがなければ万年筆は始まらない。

早速コンバーターCON-40を使ってコクーンにインクを補充してみた。

 

そもそもコンバーターって何?

実際にPILOT万年筆用コンバーターCON-40を使う前に,

万年筆についてあまり詳しくない人のために

簡単に「コンバーター」と呼ばれるものについて説明しておこう。

 

「コンバーター」とは,万年筆に外からインクを入れるためのインク吸入器である。

 

万年筆のインク補充はカートリッジと呼ばれるインク容器を

本体内部に装着する場合と,

今回紹介するように,インクと容器(吸入器)がそもそも別の存在で

インクの補充のたびに外から入れる場合の2種類がある。

 

カートリッジ式の方がインク補充は楽だが,実は結構コストがかかる。

一方,コンバーター式は最初にインクやコンバーターを買う初期投資は必要だが

長い目で言えばコスパが相当高い。

しかし何より,万年筆を使う人にとっては

コンバーターで自分の好きなインクを自分で選んで自分で入れるという

その行為自体を楽しんでいる人も多いだろう。

 

ちなみにインクやコンバーターは決まった同一のメーカーを使用しないと

思うようにインクが使えない場合があるので要注意。

別メーカーのインクを入れる人もいるが,それは基本,自己責任である。

 

なお,今回の場合は全てPILOTで揃えているので,

インクが出ないという心配は非常に小さいものだろう。

PILOTの万年筆の使い方については,以下のサイトもご参照あれ。

参照:万年筆の使い方 | 特集記事一覧 | PILOT LIBRARY | PILOT

 

実際にコクーンにインクを補充してみた。

コクーンに使用できるコンバーターは事実上CON-40一択(2016年9月時点)

ここからは,実際に購入した3つの道具,

コクーン,コンバーターCON-40,インク色彩雫(秋桜)を使って

コンバーターによるコクーンのインク補充を行ってみたいと思う。

 

ちなみにコクーンが対応するコンバーターは,

公式ではCON-40,CON-20,CON-50の3種類がある。

CON-50は大容量モデルでPILOTユーザーの中には好まれていたそうだが,

CON-50とCON-20はすでに生産終了となってしまった。

したがって,コクーンで使えるコンバーターは事実上CON-40一択である。

f:id:uru3:20160919115406j:plain

 

コンバーターCON-40をコクーンにセットしてみた。

ここからは実際にCON-40をコクーンにセッティングしてみる。

f:id:uru3:20160919115404j:plain

まず,コクーンを回して本体を分離する。

f:id:uru3:20160919115407j:plain

次に,CON-40をペン先側の奥までしっかりと突き刺す。

「カチっ」といった音はならない。ちゃんと刺さったかどうかは

手応えだけで判断するしかない。

f:id:uru3:20160919115408j:plain

ちなみにこのCON-40の中に入っている4つの金属球は

コンバーター内のインクを攪拌させる効果があるらしい。

 

コクーンに色彩雫(秋桜)を吸引!

ここからが万年筆の醍醐味,インクの吸引である。

f:id:uru3:20160916222336j:plain

コンバーダーCON-40は回転吸入式なので,渦を巻いた部分(ノブ)をぐるぐる回す。

すると,金属球側に軸が移動する。

 

これを確認した後,

インクこと色彩雫(秋桜)の瓶のキャップを開ける。

f:id:uru3:20160919115409j:plain

そこに,先ほどの万年筆のペン先を突っ込む。

f:id:uru3:20160919115410j:plain

そして,コンバーターのノブ先を先ほどとは逆に回す。

すると,軸がノブ側に移動し,インクが持ち上がるわけである。

f:id:uru3:20160919115411j:plain

インクを入れた後のコンバーターは写真の通り。

なんだかまだ入りそうな感じがするが,一応これがインク吸入の上限量らしい。

最初少し戸惑うが,これで間違っていない。

f:id:uru3:20160919115412j:plain

最後にコクーン本体と万年筆のペン先を合体させたら終わりである。

万年筆のペン先は紙か布でインクを軽く拭き取ろう。

 

色彩雫(秋桜)の色はおとなしいピンク色でGOOD!

最後にインクがちゃんと出ているか,実際に書いて確かめてみる。

ちなみに使用した紙はモレスキン。

f:id:uru3:20160919115413j:plain

色彩雫(秋桜)はもう少し明るいピンクを想像していたのだけれど

実際に使ってみるとこれがかなり良い感じ!

すごく主張するわけでもなく,赤色と朱色の中間かやや赤色寄りな

優しいピンク。これは期待通りの色だった。

f:id:uru3:20160919115414j:plain

 

おわりに:万年筆はインク補充が本当に面白い!

一度もやったことのない人にとって,所作こそ非常に単純なこの作業のどこが

楽しいのか,言葉で説明するのはなかなか難しいのだけれど,

強いて言えば所有欲,だろうか,

好きなペンに好きな色を入れるというその行為が

いつも心踊るのである。

 

さて,今回はPILOTシリーズで万年筆にインクを入れてみたわけだが,

使いにくい点は特になく,書くまで非常にスムーズに行うことができた。

 

しかし,この万年筆,

当初の目的は「赤ペン先生用の赤ペン」を作るために始まった。

今回はこれが大量の添削に使えるペンとなったかどうかはまだ検討していない。

それについてはまた後日書こうと思う。

 

こちらの記事もどうぞ