読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Learninghacker

知的で創造的な刺激を求めて

PCデスクトップの散らかったファイルは「保存」「保留」「保管」を区別するときれいに片付く。

 

f:id:uru3:20170522230255j:plain

こんにちは,uru(@uru_)です。

 

PCのデスクトップ画面にファイルがびっしり並んでいる人は

OSに関わらず結構周囲にいるのではないでしょうか。

それが個人のPCなら問題ないのかもしれないが

例えばプレゼンでデスクトップ画面がチラリと見えてしまったときには

そのあとどんな説明があっても説得力に欠けるものです。

ファイルの整理もできない人が,本当に考えを筋道立てて並べられるのか,と

私だったら疑ってしまいます。

 

と言いつつ,優秀な人でも片付けしないという人は少なくないかもしれませんね。

 

私が思うに,デスクトップにファイルが溜まってしまう理由は

ファイルデータの「保存」という概念の分かりにくさにあります。

続きを読む

広大なネットの海に個人の思考をどこまで出して良いものか?

f:id:uru3:20170521215349j:plain

こんにちは,uru(@uru_)です。

 

ソーシャルメディアやブログでの私の発言や

所属する組織の意見を代弁するものではありません。

 

・・・これって実はものすごく当たり前なことだと思うのですが,

わざわざこんなキャッチを入れなければならないほど,

世の中の一部の人は個人を組織というフィルター越しに見ていることが分かります。

 

どんな組織の,どんな役職についたところで,

それは社会的信頼であって,個人の価値とは無関係です。

私がたとえ無能な人間だったとしても,

雇用主である組織が無能であることとは別問題である,と

私は思うのですが,あなたはどう思いますか?

 

2017年4月に転職してから,ブログの更新頻度がだいぶ減ってしまいました。

過去にも似たように更新頻度の増減を繰り返しながら今に至ります。

そこそこ減ったのちに,何度も内省を繰り返さなくてはならなくなるのは

「広大なネットの海に個人の思考をどこまで出して良いものか?」

という問題です。

続きを読む

働き方改革を考える上で『1940年体制』(増補版)は日本経済の今を知る良い素材になる。

f:id:uru3:20170516175106j:plain

こんにちは,uru(@uru_)です。

 

2015年,電通での新入社員の過労自殺をきっかけに

働き方改革が叫ばれているのはすでに皆さんの知るところでしょうが,

一方で自分の職場に目を向けると,そうは問屋が卸さないと言わんばかりに

すぐには労働環境が改善されない歯痒さを持たれている方も多いことでしょう。

 

かく言う私もこれまで何度か職場が変わったことがありますが,

私の場合は学校が職場だったので,時間外労働ひとつ取ってもひどいものです。

そして同じように簡単には解決できない,むしろさらに悪化しているのではと

思うことすらしばしばありました。

根の深い問題であることは言わずもがなです。

 

しかし,それを失望する必要はありません。

単に働き方の問題は根の深い問題だと言うだけなのですから。

むしろ私たちが今すぐできることといえば,

なぜ今のような日本の働き方が生まれたのか?

そして,なぜ今,働き方改革が必要だと言われているのか?

問題の本質を探ってみることではないでしょうか。

 

それを知る上で今回ご紹介したいのが『1940年体制』と言う本。

この本の主張を端的に述べるなら,

今の日本の働き方は古くからの伝統なのではなく,

1940年前後,つまり第2次世界大戦中に生まれたと言うのです。

おそらく私たちは社会の授業で,

戦後日本の輝かしい経済発展を学習したのでしょう。

しかしこの本は,戦後の日本が今の社会・企業体質・働き方を作ったと言う

一般論に対して反論を述べている,なかなか刺激的な内容です。

続きを読む

【電車通勤考察】いっそ,折りたたみ傘をずっと持ち歩けば良い。

f:id:uru3:20170509121720j:plain

こんにちは,uru(@uru_)です。

 

2017年4月から車通勤から電車通勤に変わり

満員電車や雨の日の蒸し暑い車内の苦しさ,

遅延が起きて就業時間に到着できるかどうか分からない不安などを

噛みしめることとなりました。

 

ほぼ毎日しなければならない作業ならば

少しでも快適な方が良い。

それは電車通勤に対しても言えることです。

 

その中で最初に私が考えたのは「傘をどうするか?」でした。

 

傘というツールは大変歴史が長く,しかも用途上その形状も

それほど大きく変化していないというかなりアナログな道具です。

こと,電車通勤に関していえば,次のような問題が生じます。

  1. いざという時に持っていない。
  2. どこかに置いてきてしまいやすい。
  3. 盗まれやすい。
  4. それなりに重い。
  5. 壊れやすい。
  6. 雨に濡れて水が滴る。

 

これらの問題を解決する方法として,私は次のように考えました。

続きを読む

箱根湯本の老舗ラーメン店「日清亭本店」の限定20食『角煮ラーメン』を食す!!

f:id:uru3:20170424212053j:plain

こんにちは,uru(@uru_)です。

 

以前の記事でも紹介しましたが,

2017年4月より神奈川県小田原市に住むようになりました。

小田原のすぐ西には箱根!

箱根山のカルデラ周辺には温泉あり観光地あり自然ありで楽しいところばかりなので

四季折々の箱根を満喫してやろうじゃねぇか!というのが

休日のささやかな願いだったりします。

 

さて,先日早速箱根に行った時

箱根湯本駅付近で昼食をとることにしました。

その時ぶらりと立ち寄った店「日清亭本店」で

1日限定20食の『角煮ラーメン』という謎のラーメンを見つけました。

 

限定,と聞くと食べてみたくなるのが性分というもの。

一体『角煮ラーメン』とはなんなのか?

好奇心に駆られて食べてみることに・・・。

続きを読む

【衝動買い】セイコーシャリオ復刻モデルを買っちゃったので,憧れのジョブズ気分を味わう。

f:id:uru3:20170412200217j:plain

 2017年1月下旬ごろだったと思うが,

Appleのジョブズも身につけていたという腕時計こと

「セイコーシャリオ」の復刻版が限定販売された。

その中には黒色の限定300本のものも登場したのだけれど・・・

 

一目惚れして買っちゃいました!

 

・・・すみません,実はこれこそ

以前ブログで紹介した「Apple Watch」を手放した最大の理由なんです。 

だって,新しい腕時計を買ったら,身につけたくなるじゃない?

そしたら,Apple Watch外すしかないじゃない?

というロジック。

 

Mr.ジョブズの亡霊が私のApple Watchに引導を渡したということで

ここは納めよう。

 

というわけで,

セイコーシャリオの限定モデルを今回は紹介します。

続きを読む

『3月のライオン』好きは必見!「映画とアニメの展覧会」で物語の世界に没入しよう。

f:id:uru3:20170411204150j:plain

 2017年4月1日から4月30日まで,西武渋谷店モヴィータ館の6階以上で

「3月のライオン 映画とアニメの展覧会」が開催されている。

先日買い物で渋谷に行った際にふらりと立ち寄ったところ

これがものすごく良かったので紹介したい!

 

私も『3月のライオン』の原作とアニメはかなり好きで

以前このブログでも紹介したことがある。

羽海野チカワールド,『3月のライオン』が好きな人なら

必見ですよこれは!!

続きを読む

【特に受験生におすすめ】格安腕時計チープシチズン購入。見た目はともかく実用性は抜群!

f:id:uru3:20170405220421j:plain

先日Apple Watchをドナドナした。

とはいうものの,私は仕事上腕時計が絶対欲しいので

ポストApple Watchを用意する必要があった。

で、偶然良い時計を見つけたのだけれど

手元に届くのに少し期間が必要だった。

仕方がないので,何か1つ安い時計を買ってみることにした。

 

安い時計というと「チープカシオ」が有名(らしい)。

けれど,デザイン的にシチズンの方が良さげだったので

試しに買ってみた。

 

結論から言うと,使用シチュエーションは選ぶけど

実用性なら全く申し分ない優等生でした。

続きを読む

『人生を面白くする本物の教養』は単なる自己啓発本ではなく「教養」とは何かを考える機会を与える。

f:id:uru3:20170403224043j:plain

本は人の出会いと似ている。

こちらから会いたくて出会う本もあれば,

本の方から出会いに来ることもある。

 

今回紹介する『人生を面白くする 本物の教養』は後者にあたる。

3月末に図書室の書籍を整理していたら,ふと目に入った本だった。

何百冊の中で一際目立っていた(ようにみえた)。

 

それだけでも十分ドラマティックなのだけれど

本の内容はまさに年度の変わり目には読みたくなる

とても合理的かつ実用的な教養の本でした。

続きを読む

【備忘録】引越しの際に大量の本を効率よく運び出す2つの裏ワザ。

f:id:uru3:20170402200342j:plain

人生色々ありまして(以下略)。

 わたくし,2017年までの10年間に6回も引越ししております。

転勤族ではありません。

いやホント,人生色々あっただけの話なんですけどね。色々・・・。

 

その引越しの際にいつも非常に困るのが「本の運搬」なんです。

1冊1冊はそれほど重くはないけれど,

とにかく体積の割に密度がすごくあるので,

大量になるともはや狂気。

 

よもや,引越し業者からもらう段ボール箱(小)に本を詰めると

段ボールの底が抜けるか,自分の腰が抜けるかの2択。

したがって,大量の本は引越しの大敵なのです。

 

6回も引越しを繰り返しているうちに

私の場合はある方法を用いることによって

大量の本を安全かつ確実に運搬できるようになりました。

今回はその運搬方法の裏ワザを紹介します。

続きを読む